投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. ルイヴィトン財布コピー(0)
  2. ブランド偽物ブランド激安(0)
  3. ブランド偽物(0)
  4. ※VUITTON-ルイヴィトンN級最高等級時計大量入荷(0)
スレッド一覧(全4)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


Re: うつ病について

 投稿者:キョウト  投稿日:2014年 1月14日(火)12時15分42秒
返信・引用 編集済
  > No.573[元記事へ]

マイケルさんへのお返事です。

こんにちは、再度詳しいアドバイスをありがとうございます。

確かに、5分ずつ移動で集光器を使うとなると、やはり一人では難しい面がありますね。

頚椎下部と後頭部は近いのでまとめて照射できると思っていましたが、
違う種類を同時照射するほうが良いのですね、これは難しそうです。

レメディのカーボン、今手元にある赤白が使い終わったら、すぐに特殊を購入して試したいと思います。

はつらつさんは2台あります。
はつらつさんにはジョイント式のサナモアカーボンを使用するのですが、
その場合、特殊⇒総合光線に置き換えて考えればよろしいのでしょうか。

 

腰痛と足痛について

 投稿者:りょうにゃんメール  投稿日:2014年 1月14日(火)08時31分12秒
返信・引用
  こんにちは。
色々なサイトを巡ってこちらにたどり着きました。
私の母がコウケントー2号器を使用しています。
使って1年くらいになるのですが、よくならないとのこと。
カーボンが間違っているのかなどと思い説明等を書いているサイトを探していました。

コウケントーを始めた頃は、腰が痛いとのことで始めました。圧迫骨折をしており腰が曲がっています。(圧迫骨折はもう10年以上前のことで骨は固まっています)
そのせいか、ここ2~3ヶ月前から足が痛くなってきて、いつも正座をしていたせいだと医者に言われ、ここ最近は椅子へ座っており、光治療もしているのですが、よくなる気配がないみたいです。

腰痛や足痛などの場合のカーボンの組み合わせと光を当てる場所を教えて下さい。
申し訳ございませんが、よろしくお願いいたします。
 

Re: うつ病について

 投稿者:マイケル  投稿日:2014年 1月14日(火)04時37分12秒
返信・引用
  > No.572[元記事へ]

キョウトさんへのお返事です。

治療器を2台お持ちであれば交互照射が同時に可能なので効率がよいですよ。
すこし記述が長くなりますが、参考にしてください。

1台目の治療器をAとし、2台目の治療器をBとします。
カーボンはダイイチを組み合わせた場合で説明しています。
Aに③紫外線-⑥特殊可視Bに④可視光線-⑤特殊または⑥をセットし以下の手順で照射します。

Aを両足裏に10分
Bを両足首に5分でセットし、同時照射
5分後、Bを両膝へ5分照
5分後、AとBが終わる
Aを腹部へ5分、Bを背部に5分でセットし、同時照射
5分後、Bに集光器を取り付け頚椎下部え5分
Aに集光器を取り付け後頭部え5分同時照射
5分後、集光器はそのままでBを眼・鼻部へ10分
Aは集光器を外し、腹部え5分同時照射
Aで左右咽喉部は2号集光器を装着して各5分照射(こちらは同時照射不向きです)

以上で交互照射、総合照射となります。

翌日はAとBの照射部位を逆転すればよい
これを繰り返します。

集光器の装着はおっしゃる通り効率は落ちますが照射距離を短くすることで
補えます。深層照射に集光器は欠かせませんので装着は守ってください。

同時照射のトータルの照射時間は
両足裏、両足首、両膝で10分
腹部、背部5分
頚椎下部、後頭部5分
眼・鼻部、腹部10分
左右咽喉部10分
合計40分となりますね?
一台だと70分掛かります。

複数台での治療効率はたいしたものです。
更に治療効率をあげようと思えば燃焼調整と照射部位へのセットが行える施術者が居れば安心です。
うつ病や自律神経失調の重点照射部位は両足裏、腹部、眼・鼻部となります。
 

Re: うつ病について

 投稿者:キョウト  投稿日:2014年 1月13日(月)17時08分21秒
返信・引用 編集済
  > No.570[元記事へ]

こんにちは。
管理人さん、広く情報を教えていただける場をありがとうございます。


マイケルさんへのお返事です。

こんにちは、お返事有難う御座いました。
詳しく書いて下さり感謝いたします。

使用している治療器は、
①サン医療 SC-D(ヘルスライト号と似ています)に 第一レメディのカーボン(赤と白)
②はつらつさん に サナモアカーボン です。
ベッドの左右に置いて、頭と足裏を重点的に、胸部以外全身に照射しています。

> 1)コウケントー 3000-5000
> 2)ダイイチ レメディ④ー⑥または⑤
> で交互照射(今日は1)の組み合わせで照射し明日は2)の組み合わせで照射します。

現在治療に専念しており、時間はあるので、ガラス越しの日光浴を含めて
毎日平均3時間くらい照射しているのですが、
違う種類の光線は、同日に続けて当てるより、1日おきの方が良いのでしょうか?

集光器は部位を限定する目的で、光を集めてパワーが強くなるものではない、と聞いたので、
せっかくの光なのでもったいないと思い、ほとんど使わずに照射しておりました。

ジーンとしびれる感覚は、はつらつさん(赤と黄)で後頭部を当てるときに感じます。
いただいた回答を拝見して、今までSC-D(レメディの赤と白)で照射していた頭頂部も、
赤と黄色に変えましたところ、こちらもジーンとするようになりました。

燃焼間隔の調整も、注意して続けてみます。

リンクしてくださったページはマイケルさんのページでしょうか?
以前、カーボンの購入に当たって、いろいろと参考にさせていただきました。
重ねて、ありがとうございます。
 

あけましておめでとうございます

 投稿者:管理人  投稿日:2014年 1月 6日(月)23時39分23秒
返信・引用
  ごあいさつが遅れて申し訳ありません。
2014年は午年です。少しでも現状を飛び超えて、前に走りたいですね。
きっと今年はみなさんにとって良い年になると念じ、また祈っております。
これからもこの掲示板で情報交換して、前に前に走っていきましょう。
たくさんの人が参加してくださり、感謝しております。
これからも、よろしくお願いいたします。
 

Re: うつ病について

 投稿者:マイケル  投稿日:2013年12月31日(火)17時58分30秒
返信・引用
  > No.569[元記事へ]

キョウトさんへのお返事です。

> 重度のうつ病です。光線をスタートして、かれこれ6ヶ月経ったのですが、
> ほとんど変化ありません。

照射部位と組み合わせカーボンの選択に誤りはありませんか?
誤ったカーボンの組み合わせでも全く効果がないとは言えませんが時間が掛かります。
神経性の症状の治療には紫外線(青)や可視光線(黄)を用います。

うつ病の治療組み合わせカーボン
1)コウケントー 3000-5000
2)ダイイチ レメディ④ー⑥または⑤
で交互照射(今日は1)の組み合わせで照射し明日は2)の組み合わせで照射します。これを繰り返す照射法です)

照射部位(総合照射法を用いる)

基本照射(両足裏、両足首、両膝、後頭部)に加え腹部、背部、左右咽喉部、眼・鼻部を照射
うつ病や自律神経失調は腹部・背部にもしっかり照射するとよいです。
眼・鼻部はまぶたを閉じて少し距離をおいて照射する(30~40cm)
照射時間は両足裏・腹部、背部10分 両足首、両膝、後頭部、左右咽喉部5分 眼・鼻部20分くらいです。
腹部・背部以下下半身は集光器を使用しません。左右咽喉部は2号集光、その他は1号集光器を使用してください。

症状に対して効果的な光線照射を受けていると両足裏や手の指に心地よい痺れた感覚が生じます。
自分はこの感覚により照射部位をつかんだりします。これは基本照射を永く続けたお陰で体質改善が
進んだためと思っています。その証拠にあらゆる痛みの改善(関節痛、歯痛、頭痛、切り傷、打撲など)には部分照射のみで即効性を体験しています。

治療器がコウケントーの場合は正しいカーボンのセット方法をマスターしてください。
これにより効果的な光線を得ることができます。
詳しい内容は以下のURLで説明していますので参考にしてください。
ページの中ほどにあります。
http://muscat.sanyo-spectrum.com/arcdine2.html

http://muscat.sanyo-spectrum.com/arcdine.html

 

うつ病について

 投稿者:キョウト  投稿日:2013年12月30日(月)21時22分49秒
返信・引用 編集済
  重度のうつ病です。光線をスタートして、かれこれ6ヶ月経ったのですが、
ほとんど変化ありません。今後、効果があるのか疑問に感じ始めたのですが、
同じような状況から改善された例をご存知の方がおられましたら、教えて頂ければ幸いです。
 

ありがとうございます!!

 投稿者:なつめメール  投稿日:2013年12月27日(金)10時47分16秒
返信・引用
   早速お返事いただけてたのにお礼が遅くなり、大変失礼いたしました。
 本当に助かります。また、勉強になりました。
 心臓には直接当てたらいけないとしか知らず、そんなので良くなるのかな…?と思ってました。
 大病ですので、食事療法&適度な運動と共に光線治療でじっくり気長に治していこうとは思っておりますが、これならちょっとでも早く良くなっていくような気がします。
 本当にありがとうごさいました。
 

Re: 心臓疾患はどうすれば良いでしょうか?

 投稿者:マイケル  投稿日:2013年12月25日(水)00時04分56秒
返信・引用
  > No.563[元記事へ]

なつめさんへのお返事です。

>  ただ、心臓疾患には直接心臓部に当ててはいけないらしいのですが、
心臓に直接当てないほうがよいと言われる光線種は浸透性の高い赤外線波長ですが
紫外線で照射すればよいです。紫外線は浸透性は低いですが血液に作用し、体全体に
効果が行き渡るのが早いので、高血圧症にも有効です。

組み合わせカーボンはコウケントーだと3000-5000
ダイイチカーボンだと③ー⑥または⑤

照射部位は基本照射(両足うら、両足首、両膝、後頭部)に加え、
左右咽喉部、左肩胛骨下部、左乳下部を照射します。
紫外線照射は両足うらを15分~30分と長く照射します。
その他は5分~10分です。
後頭部、左右咽喉部、左肩胛骨下部、左乳下部は集光器を使ってください。
 

心臓疾患はどうすれば良いでしょうか?

 投稿者:なつめメール  投稿日:2013年12月24日(火)11時53分16秒
返信・引用 編集済
   こんにちは。
 光線治療を始めて、四年程経ちます。
 自分と重度の糖尿病である母は毎日欠かさず光線に当たっているのですが、この度父が急性心筋梗塞で緊急手術+入院してしまいました。
 前から父にも「当たってみ~ひん?」と誘っていたのですが、ケガをした時位しか当てようとはしませんでした。
 今回こんな病気になってしまいましたので、強引にでも光線治療をしてもらおうと思っております。
 ただ、心臓疾患には直接心臓部に当ててはいけないらしいのですが、ではどうすれば良いのか、という記載が私の探し方が悪いせいか、あまり見当たりません。
 知っておられたらどうかご指導お願い致します。
  追伸
   我が家はアークダイン一台と、カーボンの標準均一光・強赤外線を使用しております。
   お恥ずかしいのですが、あまり詳しくないのでカーボンの名前が正しいかどうかはアヤシイです。
 

Re: 更年期障害

 投稿者:本田  投稿日:2013年12月17日(火)13時31分35秒
返信・引用
  > No.526[元記事へ]

『更年期障害』

私も以前は更年期障害で
大変苦しんでいました。

ホルモンバランス
自律神経の崩れなどで
様々な症状が出ていました

ちょうど
知り合いの方に詳しい医学の方が
いらっしゃって
教えてもらうことが出来ました

今では完全によくなって
私の周りの40代以降の友達も
ほぼ治すことが出来ました

詳しくはこちらに書いていますが
http://byoukikenkou1.web.fc2.com/index/q.html

とても助かりました
ありがとうございます

どうか皆さんもよくなりますように!!
 

円形脱毛症

 投稿者:nkmama  投稿日:2013年12月11日(水)17時26分58秒
返信・引用
  初めまして、息子(10歳)が重度の円形脱毛症で色々インターネットで調べていたところこの可視光線にたどり着きました。正直な所色々な意見があり効果があるのかないのか不安な所でもあります。種類も沢山あって難しいなぁと感じております。円形脱毛症になって3年どんどん酷くなり最近では眉毛や睫毛も少なくなってきています。少しでも効果が期待できれは嬉しいのですがお使いの皆様効果の程は如何ですか?円形脱毛症にも効果があると思われますか?  

Re: 煙で悩んでいます。

 投稿者:サチ  投稿日:2013年12月 2日(月)14時47分30秒
返信・引用
  > No.553[元記事へ]

マイケルさん、お返事有難うございます。

マイケルさんのお話を読んで
煙の少ないというダイイチカーボンを使ってみようと思いました。

集塵器(ファンを使わないイオン静電)は私も購入しようと思った事があるのですが
心臓にペースメーカーを埋めているので、ダメなんだそうです。

因みにコウケントーも電磁波が出るので、ペースメーカーへの心配があったのですが
鈴木光線治療研究所のHPに「安心して使用出来る」とあったので
それを信じてコウケントーも使っています。


それからセリックについても調べて頂いてすみません。

カーボン燃焼のスペクトルと違うんですね。
う~~ん残念。
便利な時代になったのかな・・・と思ったんですが。


アドバイス頂いたダイイチカーボンを入手して
冬でもコウケントー生活を続行出来るようにしたいと思います。
今から楽しみです。

マイケルさん どうも有難う。

 

Re: 煙で悩んでいます。

 投稿者:マイケル  投稿日:2013年11月30日(土)02時54分34秒
返信・引用
  > No.552[元記事へ]

サチさんへのお返事です。

コウケントーカーボンは独自の匂いと煙が特徴ですよ。
少し高いですがダイイチカーボンはこれが少ないです。
カーボンの製法技術が違っていますが規格はコウケントーに準じています。
一度使ってみては?
部屋に集塵器(ファンを使わないイオン静電)を設置しても効果があります。


セリックを拝見しました。
最近は連続スペクトルが電気で得られるようになってきましたが
まだまだカーボン燃焼から得られる10万種の連続スペクトルには及ばないでしょう。
カーボン灯のような短期間の効果は少ないですが・・・

ここで詳しく説明してあります。
↓           ↓
http://muscat.sanyo-spectrum.com/arcdine.html

10万種に及ぶ連続スペクトルは2500度以上の高温燃焼状態の環境でないと得られません。
その唯一の方法が炭素を燃焼させる方法なのです。
これに代わるものができれば光線治療法はもっと進化すると思われます。
 

煙で悩んでいます。

 投稿者:サチ  投稿日:2013年11月29日(金)15時39分1秒
返信・引用
  はじめまして。
私は子供の頃からコウケントーが家に有り
とても助けられています。

でも、効果を実感しているのですが、どうしても煙が嫌いで辛いです。

コウケントーを使用した後は、換気扇を回したり
窓を開けて扇風機を回しています。

でも北海道なので、冬は窓を開けると寒いので、冬は使用を控え気味です。

持病が心臓なので、寒さには弱く
コウケントーをあてたいのにジレンマです。

ここの掲示板を知り、煙で悩んでる人の解決法はないかと
過去のみなさんの会話も参考にしてみましたが
煙で悩む自分は少数派だと思いました。

(換気パイプをコウケントーの上に取り付ける写真も見かけましたが
そういう設置も器用でないので難しいなぁと思いました)

煙が少ないタイプの光線があるみたいですが
コウケントーと比べて、どの程度少ないのか教えて頂けませんでしょうか。
(50%減くらいでしょうか?)


それから、ネットで検索してる内に
セリックという会社の光線治療器を見つけました。

これは人工の照明なので煙は出ないらしいのですが
効果は同じなのか、気にまります。

情報というか、使ってる方の声が聴きたいのですが
ブログが一つ見つかっただけで、それ以外の感想が見つかってません。

ここの掲示板を見ている方で、セリックの光線治療器を使ってる方がいらっしゃいますか?

いきなり色々と質問をしてしまって本当にすみません。
こんな私ですが宜しくお願い致します。

 

Re: 慢性膵炎

 投稿者:1946メール  投稿日:2013年11月28日(木)15時54分52秒
返信・引用
  > No.548[元記事へ]

マイケルさんへのお返事です。
お礼が遅くなりました。ありがとうございます。アドバイス頂いた方法でしばらく試してみます。今まで後頭部には照射したことはありませんでしたのでアドバイスに沿って照射してみます。

> 1946さんへのお返事です。
>
> > 慢性膵炎と診断されました。
>
> 基本照射(両足裏 両足首 両膝 後頭部)プラス患部照射を行っていますか?
> 上記照射行っていても効果があまり感じられない場合は間接効果も高まる総合照射法を用いてみれば?
> 基本照射に加え、腹部と背部、頚椎下部(首のつけね)の照射を加えると総合照射になります。
>
> 慢性の場合は患部照射だけでなく、総合照射で体質の改善を加速させれば治癒が早いです。
> できる限り照射を日課とすれば良い結果がでます。
>
> そのほかカーボンの組み合わせを交互に変える(今日は赤外線、明日は総合光線)交互照射法もあります。自分に効果的なカーボンの組み合わせが見つかります。
>
> コウケントー器の使用法もマスターして治療効率を上げましょう。
> 以下のURLを参考にすればよいです。ページの中ほどにあります。
> http://muscat.sanyo-spectrum.com/arcdine2.html
 

Re: ありがとうございます

 投稿者:マイケル  投稿日:2013年11月23日(土)04時59分55秒
返信・引用
  > No.545[元記事へ]

> 機種のおすすめは、コウケントーですか?
> これから購入するので、悩みます。

治療器による治療差はあまりみられませんが使い勝手はかなり違ってきます。
コウケントーは独自のカーボンセット法が必須です。
これが嫌で自分はアークダイン号に変えました。
毎日照射するのでセットが楽なほうが続け易いですから。

それとカーボンの消費量が少ない点もアークダイン号の良いところだと思います。
カーボンはダイイチ一筋です。コウケントーは輸入カーボン(コンラージ)のみ使ってます。
燃焼調整は特に注意を払っているので効果が早いです。



 

Re: 慢性膵炎

 投稿者:マイケル  投稿日:2013年11月23日(土)04時37分32秒
返信・引用
  > No.546[元記事へ]

1946さんへのお返事です。

> 慢性膵炎と診断されました。

基本照射(両足裏 両足首 両膝 後頭部)プラス患部照射を行っていますか?
上記照射行っていても効果があまり感じられない場合は間接効果も高まる総合照射法を用いてみれば?
基本照射に加え、腹部と背部、頚椎下部(首のつけね)の照射を加えると総合照射になります。

慢性の場合は患部照射だけでなく、総合照射で体質の改善を加速させれば治癒が早いです。
できる限り照射を日課とすれば良い結果がでます。

そのほかカーボンの組み合わせを交互に変える(今日は赤外線、明日は総合光線)交互照射法もあります。自分に効果的なカーボンの組み合わせが見つかります。

コウケントー器の使用法もマスターして治療効率を上げましょう。
以下のURLを参考にすればよいです。ページの中ほどにあります。
http://muscat.sanyo-spectrum.com/arcdine2.html
 

慢性膵炎

 投稿者:1946メール  投稿日:2013年11月22日(金)11時02分25秒
返信・引用
  慢性膵炎と診断されました。数年前から腹痛がありましたが胃炎だと思っていました。以前義母が使用していたコウケントーを出してきて使用を初めて約1年になります。腹痛がする時としない日があります。効果が出ているのか少し疑心暗鬼です。良いアドバイスがありましたらお願いいたします。  

ありがとうございます

 投稿者:まる  投稿日:2013年11月22日(金)00時17分52秒
返信・引用
  マイケルさん、お返事が遅くなり、申し訳ありません。
治癒例など希望の持てるアドバイスも大変心強いものです。
まずは、コウケントーの研究所で相談したほうが良いのでしょうね。

機種のおすすめは、コウケントーですか?

これから購入するので、悩みます。
 

Re: 今日から

 投稿者:アド  投稿日:2013年11月18日(月)13時18分44秒
返信・引用
  > No.543[元記事へ]

マイケルさん、はじめまして。

 早速のご返信、ありがとうございました。助かります。

問い合わせてみます。使用法の注意もありがとうございました。経過をみてまたご相談指せて頂く
こともあるかと思います。どうぞよろしくお願い致します。

> アドさんへのお返事です。
>
> >  ステロイド(プレドニン)や免疫抑制剤(シクロスポリン)、感染予防薬(バクタ)等を服薬中で、今はステロイドが15mgとなっています。副作用のせいで、顔が腫れたり、目の周囲が腫れぼったくなる、便秘などのよくある症状がでています。
>
> 光線研究所に多くの治療データーがありますので問い合わせてみては?
> 薬害(副作用)ですから根本となる病気に対しての治療法(カーボンの組み合わせや照射部位)を
> 指示してくれます。
>
> 文面ではコウケントーを初めて使うようですので使用法についていくつかの注意点があります。
> URLを参考に目を通してください。
 

Re: 今日から

 投稿者:マイケル  投稿日:2013年11月18日(月)02時01分10秒
返信・引用
  > No.542[元記事へ]

アドさんへのお返事です。

>  ステロイド(プレドニン)や免疫抑制剤(シクロスポリン)、感染予防薬(バクタ)等を服薬中で、今はステロイドが15mgとなっています。副作用のせいで、顔が腫れたり、目の周囲が腫れぼったくなる、便秘などのよくある症状がでています。

光線研究所に多くの治療データーがありますので問い合わせてみては?
薬害(副作用)ですから根本となる病気に対しての治療法(カーボンの組み合わせや照射部位)を
指示してくれます。

文面ではコウケントーを初めて使うようですので使用法についていくつかの注意点があります。
URLを参考に目を通してください。

http://muscat.sanyo-spectrum.com/arcdine2.html

 

今日から

 投稿者:アドメール  投稿日:2013年11月17日(日)15時07分32秒
返信・引用
   義父母の勧めもあり、コウケントー2号機を買い求めました。過去に同じ質問があったらごめんなさい。
 今年の夏に3ヶ月ほど、膠原病の一種成人スティルで入院していて、退院後2ヶ月の自宅療養中の主婦(52歳)です。

 ステロイド(プレドニン)や免疫抑制剤(シクロスポリン)、感染予防薬(バクタ)等を服薬中で、今はステロイドが15mgとなっています。副作用のせいで、顔が腫れたり、目の周囲が腫れぼったくなる、便秘などのよくある症状がでています。

 顔や目の腫れを改善するためにコウケントーの最適な利用方法を教えて頂けないでしょうか?よろしくお願いします。

 ちなみにカーボンは、コウケントー2号機についてくる5箱(3000、3001、3002、4008、5000)は手元にあります。
 

Re: 汎発型脱毛症

 投稿者:マイケル  投稿日:2013年11月16日(土)12時03分15秒
返信・引用
  > No.540[元記事へ]

まるさんへのお返事です。

円形脱毛症の悪性タイプ

多分進行性円形脱毛症ではないでしょうか?
光線治療で治癒した方の治療例を報告しますので、参考にしてください。

頭頂部に数センチの円形脱毛がみつかり慌てて皮膚科に行く。内科的には異常はなく、ストレスが原因でしょうと診断され、薬をもらいつけていたが脱毛は収まらずだんだん進んで前頭部、後頭部にも円形脱毛ができた。身内が光線治療器を持っていたので指導書を参考に3001-5000の組み合わせで適当にかけていたが、進行が進んでいる感じなので診療所(コウケントー付属診療所)を訪ね、正しい治療と効果的な指示を受けた。

治療カーボン:3001-3002
照射部位
両足裏、両足首、両膝、腹部、腰部、後頭部、左右咽喉部、脱毛患部(前頭部、頭頂部)
照射時間は各10分

上記照射を毎日続け1ヶ月、2ヶ月過ぎるうち冷えの改善が進み、頭皮のツッパリ感や痛みが減って脱毛部にすこしづつ毛が生えてきた。うれしくなって3ヶ月、4ヶ月と続けていた。半年もすると毛も伸びて目立たなくなった。

その後も予防のために週2回は光線に当たっている。

この照射は総合照射法と呼ばれる治療法です。
体の全機能を活性化させる治療法で、様々な治療に効果的です。
時間は掛かりますが希望はおおいにあります。




 

汎発型脱毛症

 投稿者:まる  投稿日:2013年11月15日(金)23時56分4秒
返信・引用 編集済
  10歳の子供が、3年近く前から、円形脱毛症の悪性タイプにかかりました。
大学病院も通い、針治療も1年通い、漢方薬、リーブ21など治るものなら、と、頑張りましたが、まったく生えることなく、いじめに合いながらも、学校に通っています。
こちらにたどり着き、脱毛症で効果のある方がいらして、もしかしてこれなら、時間をかければ
治るのでは!と考えております。
もし、アドバイスが頂けたら、ありがたいのですが、よろしくお願いいたします。
 

筋腫

 投稿者:35  投稿日:2013年11月14日(木)23時42分25秒
返信・引用
  サナモア8号機を使っています。
1日朝夕と2回、1.5時間ずつ光線を浴びています・

現在子宮筋腫が6センチあります。35歳で妊娠希望です。手術するか迷い、今のところ数か月は
光線を浴びてみる予定です。

10月から光線療法を始めましたが、先月大きさを測ったら5センチでした。
一か月で1センチ大きくなったのか、図り方なのか・・・ショックです。


光線をやっていたのに、なぜ??と思っているのですが、これは好転反応みたいな
ものなのでしょうか・・・

他の面では身体は良い方向に向かっていますので効果がないということではないと思うのです。
 

変えた理由

 投稿者:  投稿日:2013年11月14日(木)11時28分59秒
返信・引用
  コウケントーのを 一年ほど借りて使っています。
購入をするつもりですが こうけんとーから
フォトピー アークダイン バリブル 等 買い換えたかたの
理由をおしえてください。
4台考えています。今年に入って母と父二人 脳卒中の後遺症の治療のためです。
時間と手間 コスト 効果等参考にさせてください

 
 

Re: 高濃度オゾン

 投稿者:  投稿日:2013年11月14日(木)11時15分31秒
返信・引用
  > No.228[元記事へ]

はじめまして このページはお気に入りに入っています。

排気は気になっています。
具体的な製作方法をおしえていただきたいのですが。

>
>  コウケントーは、発光させるためにカーボンに電気を通します。
> カーボンは電気を通すと、発光すると同時に、高濃度のオゾンを発生するのです。
> 大量のオゾンは生体に有害です。昔の木造住宅では問題なかったのでしょうが、今の
> 気密性の高い住宅では、発生したオゾンが外へ出ずに部屋にこもってしまうのです。
> 発売元の黒田研究所に問い合わせたところ、あまりピンと来ていない風だったので、ひょっとしたら研究所も把握してないことかもしれません。
>
>
> それで、換気を良くするのはもちろんなのですが、我が家ではホームセンターでファンを購入し、
> このように本体に付けて、万全を期しております。
> 換気が悪いと、結構咳き込むんですよ。
>
 

Re: 湿疹

 投稿者:光線療法初心者  投稿日:2013年11月 7日(木)05時59分52秒
返信・引用
  > No.535[元記事へ]

マイケルさんお返事ありがとうございました。

50センチも離れていいのですね、近くで照射しなくては効果が無いと思い15センチ位で照射していました。

肌の赤み湿疹もなくなってきましたので、少し離れて照射してみようと思います。

これからもご教授宜しくお願いいたします!


 

Re: 湿疹

 投稿者:マイケル  投稿日:2013年11月 7日(木)04時09分7秒
返信・引用
  > No.534[元記事へ]

光線療法初心者さんへのお返事です。

> 光線療法を始めたばかりの初心者です。
> 腰痛があり腰に光を当てたら、かぶれの様に真っ赤になりブツブツができ痒みも出てしまいました。

患部への照射距離が近すぎるため起きる症状です。
集光器を使用しない場合は治療器(ポット)から50センチくらい距離をおいて照射しましょう。
集光器を使う場合は効率が落ちるので20センチくらいで照射します。

光線治療は2000度以上でカーボンを燃焼させ、発生したスペクトル(電磁波長)を浴びての療法です。
ストーブのように熱を大量に浴びるのでありません。正しい照射を行うことで、内部から温まり、効果が持続します。これが温熱効果と呼ばれます。気持ちが良いと感じる距離で照射しなさいというのは短時間の表面照射ではなく、内部照射のためです。熱いのを我慢して当たっていると当然火傷を蒙ります。

 

/27