投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. ルイヴィトン財布コピー(0)
  2. ブランド偽物ブランド激安(0)
  3. ブランド偽物(0)
  4. ※VUITTON-ルイヴィトンN級最高等級時計大量入荷(0)
スレッド一覧(全4)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


るるさんへ

 投稿者:管理人  投稿日:2015年 4月25日(土)11時39分12秒
返信・引用
  るるさん、こんにちは。
いつもタイミング悪く、遅くなって申し訳ありません。
今日は26日ですから、るるさんも、きっと問い合わせをされたあとでしょうね。

今更ですが、光線療法は十分に期待できますよ。マメに取り組んでくださいね。

何人も、たくさんの方が光線に取り組んで、なかなかだった方々が出産しております。

こればかりは、男性側の問題もあるかと思いますが、チャレンジする価値は十分です。

ご年齢が40歳でも大丈夫ですよ。

頑張ってくださいね。

遅ればせながら、失礼しました。
 

Re: るる様へ

 投稿者:るる  投稿日:2015年 4月21日(火)22時42分39秒
返信・引用
  > No.717[元記事へ]

nasaさんへのお返事です。

nasaさん、丁寧にお返事をくださり、有難うございます。
まずはコウケントーの方に問い合わせてみようと思います!
診療所の方には他県在住なものですから伺えませんが、付近に扱っている場所がないかどうか、探してみます。
アドバイス、感謝です<(_ _)>

 

るる様へ

 投稿者:nasa  投稿日:2015年 4月21日(火)22時07分50秒
返信・引用
  るるさん、はじめまして。

私は専門家ではなく、幼少の頃より時折光線療法をして来ただけの者です。
なので、専門的な事はわかりませんが……
コウケントーで購入した本に書かれていた事をお伝えしますね。

本によると……不妊症が改善された症例と共に「精子減少症、子宮異常後屈、子宮発育不全などを治癒することは決して不可能ではない」と書かれてあります。
不妊症の原因は様々だと思いますので、詳しい事はコウケントーの公式サイトにあるTELにて相談される事をお勧めします。

光線機器の購入は、まずコウケントーに相談してから検討された方が良いかと思います。
出来れば、近場で光線を取り入れている治療院等を探して数回 実際に体験されてみる事をお勧めします。
新宿大久保にあるコウケントー本社には光線研究所が併設されていて、付属の診療所もあります。
お住まいの地域にもよりますが…可能であれば、一度診察されてみてはいかがでしょうか。

(残念ながら、こちらの掲示板には専門家の方はお見えにならないようです…私も詳しい事はわからず失礼致しました)

 

不妊治療に効果あるでしょうか。

 投稿者:るる  投稿日:2015年 4月19日(日)22時35分46秒
返信・引用
  初めて書き込みさせていただきます。40歳です。

35歳の時に結婚しましたが、妊娠に至っておりません。
もう子供は諦めていたのですが、主人の実家からの強い要望で、今になって不妊治療(体外・顕微授精)を受けております。ここ1年で5回の採卵・体外受精を受けましたが、やはり年齢が年齢ですし、うまくいっておりません。

先日採卵を行ったのですが、受精後、分割が進まず、移植さえできませんでした。
卵の数もとれず、質も良くないとの事。

不妊治療とともに、寝かし玄米やウォーキング、早めの睡眠、ストレッチなど、治療に良いものはできうる限り取り入れて、体質改善を目指しております。

光線療法というものを先日初めて知りまして、不妊治療にも効果があるのなら、購入しようか・・・と悩んでおります。

コウケントーは予算内に収まりそうなのですが、10分ほどで調整が必要だという点が気になります。私のような症状の場合、何分位受ければ良いものでしょうか。

お勧めの機種などありましたら、是非ご意見お伺いしたいです。
 

気持ち悪さについて

 投稿者:ちぃ  投稿日:2015年 3月31日(火)21時42分54秒
返信・引用
  > No.712[元記事へ]

エルーさん、nasaさん、ありがとうございます。
基礎体力や免疫力を上げる手助けに、
光線療法を取り入れられたらと思うので、
なんとか工夫して再挑戦してみたいと思います。

>エルーさんへのお返事です
はじめまして、私も光線療法を実践できるようになって、エルーさんに続きたいです。
(余談ですが、DIYや工夫などは憧れなので、過去の書き込み楽しく拝見していました)

エルーさんのおっしゃる振動ですが、私が足に感じたものはそれかもと思いました。
ひとつ不安が消えた気がします、情報ありがとうございます。
仰るとおり、普通の音や光も結構負担で、日頃からカーテンや耳栓を使っています。
光線治療はカーボンの燃焼の安定が大事という話でしたので、
調整中、意識しない内に何度も確認のため光を見てしまったかもしれません。
燃やし方が下手で、安定せずチラツキが酷かったなんて事もあるのかもと思いました。

色々可能性を考えて下さって、本当にありがとうございます。
刺激が弱いとされる赤外線カーボンで、
遮光グラスをしながら、遠い距離から再挑戦してみたいと思います。


>nasaさんへのお返事です
優しいお心遣いに感謝です、詳細ありがとうございました。
お話伺っていると、ご家族の感じが近いのかなと思ったりもしますが、
やっぱり諦めきれないので、もうしばらく工夫して頑張ってみたいです。

実は元々まぶしさに弱いので、遮光グラスも購入してはいたのですが、
初めての時にはまだ手元に届いておらず…。
最中はさほど眩しさを感じなかったのですが、
今度挑戦する時は万全を期して、
メガネかけっぱなしでなるべく光を見ないようにしてみたいと思います。

私も病気が悪化してから気管支がすっかり弱くなっているので、
nasaさんのコメントとても参考になります。
換気に気をつけ、マスクも用いるようにしたいと思います。
色々教えて下さってありがとうございました。
 

ちぃさんへ

 投稿者:nasa  投稿日:2015年 3月31日(火)00時02分45秒
返信・引用 編集済
  その後 大丈夫かなと気になっていました。
自分勝手な考えで不安な意見を書き込んでしまい、配慮に欠け申し訳ありませんでした。
同じ事を行うのなら、不安に感じながら…よりも 希望を持って行なった方が良い結果になるものですよね。

文字を打ち込むのもお辛い事とお察しします。お返事は戴かなくて大丈夫ですよ。
私の場合3000×5000組合せは、どう工夫しても軽いやけどのような感じになり何年もの間 避けていました。

これまで ぐったりする事はあっても、気持ち悪くなった事はありません。
ただ心臓病の家族の場合は、ちぃさんに似た反応(動悸や気持ち悪い感じ)だったと思います。
本人にとっては、第一印象が悪かった事も心理的に受け付けなかったのかも知れませんね。

コウケントーの勧め通りに、しばらくはご自分で今日は調子良いかなと感じる時にほんの短時間照射して様子を見るのが良いのかも知れませんね。(私も何となく気が乗らない時は光線お休みしてます)
エルーさんの仰るように、光が視界に入らないよう気をつけて(換気もしながら)無理せず焦らず…が良いのかなと思います。(とあるブログではカーボン調整時に紫外線カットのサングラス使用の方も…)

私の場合は呼吸器の病気になってからは、光線の煙と臭いが凄く苦しくなりました。
(現在マスク2枚重ねで照射してます)
体力低下時は光線の煙や臭いもお身体に障る事もあるかもしれないので、お気をつけくださいね。
照射終了後には水分補給を忘れずに…

最初に受けたショックを思い出してドキドキするかも知れませんが、好きな音楽など聴きながらリラックスするのも良いかも…私もそうしてます、お勧めですよ(イヤホン等で耳はふさがない方が良いと思います)
どうぞお大事になさってくださいね。
 

追記

 投稿者:エルー  投稿日:2015年 3月30日(月)21時53分26秒
返信・引用
  一つ思い出したことがあるので、追記しておきます。

低周波が時に影響を与えることがあります。
20Hz以下の低周波があると、時にてんかんなどの反応を引き起こすことがあります。
これは音波だけではなくて、光などの点滅でも起こりえます。
かつてテレビのアニメ番組でもこのような問題が発生したと聞いています。

光線治療器は50もしくは60Hzの商用交流波を使用していますから、通常は問題ないはずですが、場合によっては気分を害する可能性があるのかもしれません。
音や光、もしくは振動による影響を出来るだけ少なくして試してみると良いかも知れません。
 

気持ち悪さについて

 投稿者:エルー  投稿日:2015年 3月30日(月)21時32分3秒
返信・引用
  ちぃさん

初めまして。
ボクも始めて1ヶ月ちょっとの初心者ですが、よろしくお願いします。


自分に関しては、気持ちが悪くなるということはなかったです。

ただ、10分ほどの照射でも身体に振動のようなもの?を感じるので、人によっては不快感を感じるかもしれません。この影響は日光浴とは異なるものなので、最初は違和感を感じました。
また、その振動はすぐには消えずに数時間は影響が残るようです。
(以上は、個人的な感想です)

健康を著しく害している場合、ちょっとの影響でも大きく感じることがあると思います。
たとえば通常の人であれば何の問題のない食べ物であっても、消化器系を害している人にはほんの少しでさえ、食べるのにつらく感じるのと同じではないでしょうか。

4~5分で異常を感じるのであれば、最初は1分から始めるとか、あるいは少し離すとか、刺激の弱いカーボンに変えるかしていけばいいと思います。
身体が慣れてくれば、少しずつ良い効果を期待できると思います。




 

光線照射最中の気分の悪さ

 投稿者:ちぃ  投稿日:2015年 3月30日(月)16時16分31秒
返信・引用
  > No.710[元記事へ]

他の方の参考になるかわかりませんが、
直接問い合わせた結果をご報告しておきます。

「光線のせいで気持ち悪くなる」というのはあまり聞かない。
可能性としては好転反応だけれど、照射時間が短いし、
「気持ち悪くなる」という出方はあまりない。
特にカーボンの組み合わせでどうこう、という話も出ませんでした。

とりあえず体調の良い日に、遠くから足裏にあてて様子を見るよう指示頂きましたが、
『気持ち悪くなる』というのはあまり聞かないそうでしたので、不安が残ります。

もし、同じように光線照射中、
気持ち悪くなった事がある方いらっしゃいましたら、
(だるいとか疲れるではなく、吐き気や血の気が失せる類のものです)
その後どういった対策をされたか等、引き続きお話お聞かせ下さい。
よろしくお願いします。m(__)m




>nasaさんへのお返事です

身近に光線療法を使っている人が居ないもので、
お話聞かせていただけて本当にありがたいです。
これなら私にも出来るのではと期待して挑戦した結果でしたので、
優しいお心遣いにも感謝です、ありがとうございます。

早速電話相談してみたところ、
「気分が悪くなる」というのはあまり聞かないとのお話でした。
私も、光線療法は我慢するようなものでは無く
「心地良いと感じる事」が大事な認識でいましたので、
これからどう取り入れたものか困惑しています。

なので、nasaさんのご家族のお話とても参考になりました。
私の病気もはっきり解明されていないので、(免疫やエネルギー代謝の話も出ています)
もしかしたら、合わない場合もあるのかもしれないんですね…。

ただ、主治医にはどちらかというと日光浴は推奨されているので
(それでも体力的になかなか難しい為、コウケントーを購入したのですが)
なんとか取り入れられないだろうかという思いも強いです。(T^T)

nasaさんも、3000番を合わないと感じられたとの事ですが、
その合わない感じというのは、どういう感じだったのでしょうか。
やはりなんとなく気持ち悪いような感じなのでしょうか?
(もしよろしければ、お聞かせ下さい)

しばらくは足先の日光浴をメインにしつつ、
カーボンを変えてまた挑戦してみたいと思います。

カーボン式遠赤外線ヒーターなどを、
体の痛むところに当てるととても心地よいので、
カーボン3001番も試してみようかなと思います。

逆に、日光浴(足先のみですが)では気分が悪くなった事はないので、
光線療法が、「ある特定の波長のみ出している」という証拠なのかな?
と思ったりしました。
 

ちぃさんへ

 投稿者:nasa  投稿日:2015年 3月29日(日)16時22分10秒
返信・引用 編集済
  きっと不安になられた事と思います。その後調子はいかがでしょうか……
私の家族の中にも、光線照射すると気分が悪くなるため(どのカーボンでも) 全く光線しない者も居りました。
特殊な心臓病を患っており、その影響なのか何かわかりませんでしたが…
本人が嫌がるものを無理させる事もない、と 一切光線療法はしませんでした。

光線療法してはいけない病気もあります。(日光アレルギーとか 膠原病も病気の種類によっては)
カーボンの種類が合う合わない場合もあると思います。
私も合わないカーボンの組み合わせがあり、好転反応かなとも思いますが本能的に避けていました。
(最近、その嫌いな組み合わせを何年ぶりかで使用してみたら大丈夫でしたので、しばらく続けてみようかなと考えています。もしかしたら、その時々の体調も関係しているのかも?)

コウケントーに問合せる事をお勧めします。
今は無理に続けないで、様子をみた方が良いような気がします。
どうぞお大事になさってくださいね。

(ちなみに私の苦手なカーボンは3000です。長い事それを避けて一番心地良く感じる3001×4008ばかり使っていました。ペットも3000使用時は逃げて行きます。やはり紫外線の影響で刺激を感じるのでしょうか……?)
 

光線最中に気持ち悪くなることってありますか?

 投稿者:ちぃ  投稿日:2015年 3月28日(土)16時39分49秒
返信・引用
  はじめまして、いつも参考にさせていただいてます、
光線療法初心者です、よろしくお願いします。
日頃光線療法されている皆さん、ご助言下さい。

光線療法中や終了直後に、
「気持ちが悪くなる」ということはありますでしょうか?

それが、いわゆる、鍼灸後に感じるような、もみ返しとか、
疲労感やだるいといった類の気持ち悪さではないのです。
足裏にあてている途中、4分程で、
なんだか血の気が失せるような、寒気と吐気に似た気持ち悪さを感じ終了。
その後、吐気と動悸が強まって、一時間くらい続きました。
関係あるかはわかりませんが、太ももあたりまでぼわぼわと
少ししびれたような?静電気のような?感じもありました。

元々体は弱いですが、普通にしていてこんなふうにはなりませんし、
日向ぼっこしていてもこんなふうにはなりません。
正直、嫌な感じの気持ち悪さだったので、戸惑っています。

好転反応やメンゲンの存在も知っては居ますが、
それでもこんなに短時間で、これほど気持ち悪くなるものなのでしょうか。
それとも、カーボンが合っていないと、こんな風になることがあるのでしょうか。

当てていた時の状況
■カーボン:3000-5000
スタンダードな組み合わせで、胃下垂や自律神経、脳貧血にも適合であった為。

■場所:刺激が弱いとされる足裏に。
ただ、床にじべたに座って、足を伸ばし、
足裏を器材に向けてあてた形なので、座→ L ◯←器材
うっすら全身にもあたっていたかもしれません。着衣はしていました。
真正面に座っていた為、カーボンの光やちらつきも、正面から視界に入っていました。

■距離:寒さを感じていたこともあり、心地よい距離がよくわからず、
ネットぎりぎりくらいに足を置いてました。
それでも暖かさはほとんど感じませんでした。

■時間:3,4分程度

■体の状態:
会話も辛い程の虚弱状態、ほぼ寝たきりです。
(専門医にもかかっていますが、研究途中であり治療法が見つかっていません)
自律神経双方共の働きが極端に悪い+特に副交感神経の働きが酷く悪くなっており、
今回は光線で動いていない胃腸をケアして、
なんとか体力の底上げを測りたかったのですが…。

考えられる原因としては、
・光過敏?
・3000が紫外線だそうなので刺激が強かった?
(ですが、足先を直射日光でひなたぼっこしても、
こんな風に気持ち悪くなったことなど無いんです…、
たった数分、一番低刺激な足の裏でも、合わないとこんな事おこるんでしょうか?)

カーボンを変えたら良いのか、
メンゲンならば続けていいのか、
距離を沢山とればいいのか、
色々と推測はするのですが、
なんだか怖くなってしまって…。

光線療法なら寝たきりでも継続出来るかと思い、
なんとか治療に取り入れたいと想っているのですが(T_T)
このまま続けて良いものか、考えられる原因と対策の方、
どうぞご助言お願いします。
 

集光器

 投稿者:いち  投稿日:2015年 3月25日(水)20時09分56秒
返信・引用
  >nasaさん
>エルーさん

ありがとうございます。いろいろ参考になりました
色々調べたところ古いタイプのも売ってるみたいです
あと2号、3号は共通みたいです

http://item.rakuten.co.jp/motoichiro/c/0000000228/

 

ヤフオクなら・・・

 投稿者:エルー  投稿日:2015年 3月24日(火)23時54分0秒
返信・引用
  >いちさん

ヤフオクで購入するつもりなら、時間をかけて探した方がいいと思います
出品数が少ない時期は値が上がりますし、逆に出品数が多いと思いがけなく安く手に入ることがあります

出来るだけパーツやカーボンがそろっていた方がいいです
特に集光器は、あとから欲しくても単体ではなかなか手に入りづらいようです
(電源だけ、発光部だけ、というのは時々出品されるようです)

カーボンは、新品で買うと一箱(10本いり)で2千円ちょっと+送料かかります
その分も考えて検討した方がいいように思います

ボクの場合は、集光器つきで1万円くらいと安かったのですが、
入手したものがジャンク品で多少手直ししました
カーボンホルダーがかなり痛んでいたので、そのうち交換するつもりですが
送料含めて2000円くらいかかるようです

ご参考までに。
 

Re: 集光器の互換性

 投稿者:nasa  投稿日:2015年 3月23日(月)18時27分18秒
返信・引用 編集済
  いちさんへのお返事です。

> 古いタイプには今の集光器は使えるでしょうか

私が現在使用中の物は1990年代前半頃購入した(らしい?)もので、実家で古くから使用していたもう一台の方は恐らく1970年代の物かと思いますが……
ポット部分の大きさが一回りも違っていて、集光器は共有出来ませんでした。
購入予定の製造年(又はサイズ)を調べて、コウケントーに電話で問い合わせてみる事をお勧めします。

ちなみに…
1970年代の物は譲り現在の状況は解りませんが、1990年代の物は一度も故障せず健在です。
 

集光器の互換性

 投稿者:いち  投稿日:2015年 3月23日(月)13時32分31秒
返信・引用
  コウケントーを中古で買おうかと思っているのですが
集光器が無いものが多いです
古いタイプには今の集光器は使えるでしょうか
 

森さんじゃないですが・・・

 投稿者:エルー  投稿日:2015年 3月17日(火)23時28分21秒
返信・引用
  >chisatoさん

森さんって札幌市の方のようです。
最近はこちらにお見えになっていないようです。

2012年10月30日の記事に、新谷先生の件が書かれてますので
そちらをご覧になってください。
 

Re: のりもんたさんへ

 投稿者:chisatoメール  投稿日:2015年 3月17日(火)00時35分23秒
返信・引用
  > No.322[元記事へ]

森さま

名古屋の後藤と申します。
2歳6ヶ月の息子のアトピーが酷い状態(浸出液、血がでてかさぶたになり、また掻き毟り、浸出液、血が、、、の繰り返しです)で、
これまでコウケントーを含め色々試しましたが、1年くらい治りません…。

新谷先生の漢方薬局とは、どちらにあるのでしょうか?息子を一度診ていただきたい、と思いました。
また鍼治療もどちらでされているのでしょうか?

よろしくお願いいたします。

 

安定しました

 投稿者:エルー  投稿日:2015年 3月16日(月)22時34分24秒
返信・引用
  いろいろと工夫を重ねた結果、だいぶ安定してきました
おかげで、神経質にならずにのんびりと浴びれます

一日だいたい10~15分くらい浴びています
このところ晴天の日が多いので、太陽光線も十分に当たっていて
不必要なのかとも思いますが・・・
なんとなく感じるのは、太陽光を浴びるのとはかなり違う反応を
身体がすることですね
確かに太陽光のほうがパワーを感じるのですが
コウケントーは内部に振動が伝わる感じです

昨日、風邪を引いている人が多いところに行ったので
帰宅してからコウケントーを少し長めに浴びました

今のところ、風邪を移された様子はないようです
こういうときに、頼りになるものがあるというのはいいですね
 

(無題)

 投稿者:カード  投稿日:2015年 3月11日(水)21時02分24秒
返信・引用
  エルーさん

了解です!
 

スパーク位置

 投稿者:エルー  投稿日:2015年 3月10日(火)06時10分49秒
返信・引用
  すみません、ちょっと書き忘れていたことが・・・(汗)

>カードさん

ボクが行った実験(下から風を当てる)の件ですが、
この実験には危険がないとはいえないので、現状では、出来れば行わないで下さい
当方は、趣味であれこれやったりしますが、実は全部自己責任という立場でやっております
その旨を書いていなかったことを忘れておりました

何が危険かというと、
光線治療器によっては、中に風が入り込み、
火の粉が飛んだり、あるいはカーボンの炎が逆に風に煽られて
余計に燃えるという可能性です

それがないようにセットしたつもりですが、
考えてみれば機種や条件によっては風が入り込む可能性がないとはいえません
どうしてもやってみたいという場合には自己責任ということになってしまいますので
ご承知置きください


>nasaさん

ご指摘ありがとうございます
確かに神経質になりすぎるのは、良くないかもしれませんね
 

スパーク位置

 投稿者:nasa  投稿日:2015年 3月 9日(月)23時43分6秒
返信・引用 編集済
  コウケントーで購入した本によると……
あの(効率の悪い)鋭角にしたのは、こまめに調節せずとも長時間照射 出来るよう設計されたらしいのです。
例えば急性の痛みなどは 3001×4008を痛みが治まるまで照射し続けると本に書いてあり、そのような場合こまめに調整するのが大変だから一時間位 照射しっ放しに出来るようになってるようです。

もちろんカーボンもお安い物ではないし、出来れば短時間で効率良く患部に効果あるよう照射したいですが……
あんまり神経質になり過ぎなくても、基本を “心掛けてる” 程度でも大丈夫かなって思います。
私の場合は適当な感じでも これまで結構 病気に効果がありましたし(笑)
(ちゃんと病院にも通いつつ中耳炎の回復が早かったり、胆石は手術しないで消えてたり…健康増進のため毎日コツコツ照射してたわけではなく「困った時の光線頼み」で使用してました…)

コウケントーは本に書いてあるより長めに照射した方が良いと、よく耳にします。
我家でも昔から 若干長めに照射しています。

 

ヘルシーレイ

 投稿者:エルー  投稿日:2015年 3月 9日(月)18時00分20秒
返信・引用
  >nasaさん

>ヘルシーレイの機種は、凄くしっかりした作りらしいです

そうなんですか・・・
いわれて見れば、見た目は古い機種ですが、案外問題なく使えてますね
しかも、かなり安く入手したので、お買い得感が大きいです
 

スパークの位置について

 投稿者:エルー  投稿日:2015年 3月 9日(月)17時54分42秒
返信・引用
  その後の観察結果です

水平状態でだいぶ良くなりましたが、時々発光色が変ります

原因を調べましたが、カーボンの先端の形状にあるようです
カーボンの先1cmくらいが鉛筆を削ったような形状になるのですが、
この部分は、先端とギャップの距離があまり変りません
そのため、たとえば一部に凸があるなどすると、そこで放電が起こってしまい
一時的に中心部分が燃えない状態になるようです
この場合には、凸のカーボンの部分が燃えると、解消するようです

この点、傾斜角が大きいアークダイン号の方が、効率が良いというのも
わかる気がします


>カードさん

3時間ですか・・・
ボクのほうでも、そんなに長くは持たないような気がします。

基本的に発光の際に起こる放電は、熱を発生するので
だんだんと熱くなってしまい、それゆえに炎も大きくなる傾向があるようです

ただ、ギャップが大きい(カーボンを離す)と炎が大きくなる傾向があるので
ギャップを小さくしてみれば、炎はある程度は抑制できるようです
(理由はまだよくわかりません・・・あれこれやってみた結果です)
それでもダメな場合には、一度止めて冷えるのを待った方が良いと思います

原因は、熱にあるのでこの熱をなんとか逃がすことが出来ないか、考えてます

たまたま、小さめの空気清浄機があったので
それをボウル(発光部)の下に置き、送風口を上に向け、風を当ててみました
こうすることで、少なくともボウルを冷やすことはできます
(カーボンそのものは冷えませんが、内部の温度は下げられる・・・ハズ)

多少良くなったような気がしますが、まだハッキリと断定できません
もう少しあれこれやってみたいと思ってます
 

Re: コウケントーで火傷してしまいました

 投稿者:みる姉  投稿日:2015年 3月 9日(月)16時09分35秒
返信・引用
  > No.590[元記事へ]

ありがとうございます、これから気をつけます

マイケルさんへのお返事です。

> みる姉さんさんへのお返事です。
>
> > 胸全体が真っ赤になりヒリヒリジンジンして、痛くてたまりません。
>
> 照射距離が近すぎるための火傷です!
> カーボン燃焼部の温度は2500度以上になります、熱いのを我慢して照射していると火傷するのは当たりまえです。
>
> 照射部位の表面がほんのりと暖かく感じる距離(人それぞれです)で照射します。
> 光線照射の基本は熱を大量に浴びるのではなく、電磁波を浴びるということです。
>
> 波長の長い赤外線は内部へ浸透する特性をもっていますが、表面温度を高く感じないため
> 光源に近づいて照射しがちですが、50cmくらい離れて照射しても効果はあります。
> 逆に波長の短い紫外線は内部浸透性は低いですが、表面温度はかなり高く感じます。
>
> 照射時間が同じであるなら距離の問題であると理解してください。
> 火傷した部分は冷やしてから遠距離で照射します。ワセリンなど塗って照射しないことです。
> 光線照射により変質があります。
>
> 風邪をひいても薬は使わず照射します。左右咽喉部へ10分以上照射すると、翌日にはかなり
> 回復してます。頭痛の場合は左右コメカミに照射します。
>
> 肺炎の治療には3002-5000または4008を組み合わせます。
>
>
>
 

水平

 投稿者:カード  投稿日:2015年 3月 8日(日)09時42分29秒
返信・引用
  エルーさんへ

>「光線照射は水平方向が基本」

正面から当たる事を心掛けてはいましたが
照射箇所によってはドームを少し下に向けて 真ん中に光があたる様にしていました。
これだと炎がカーボンにかかりやすいですね。

電圧は弱で炎は出さず青白い光を念頭に行っていますが
どんなにマメに調整しても最後の方は炎がガンガン出ます。
これは仕方の無い事なのかな。

カーボンが3時間もつらしく 私には未だそこまでもたせていないようです。

ドームは水平向きか若干の上向きでトライしてみます。
とても勉強になります。


 

エルーさん&うさぎさんへ

 投稿者:nasa  投稿日:2015年 3月 8日(日)00時13分41秒
返信・引用 編集済
  【エルーさんへ】

> そういうわけで、水平方向に向ければ、炎はカーボンにはかからないので
> 問題が起こりづらい

凄い専門的ですね~
何れにしても「光線照射は水平方向が基本」なので、私も心掛けたいと思います。

【うさぎさんへ】

はじめまして。
ヘルシーレイの機種は、凄くしっかりした作りらしいです…末長く愛用出来ると思いますよ。
コウケントーのカーボンも基本のカーボンは5種類位です。

ちなみに私が今使っている(持っている)のは…
日常の健康保持等に 3000×5000番
腫れ痛み等に            3001×4008
腫瘍ガン等に            1000×5000 (1000は特殊で、持病の良性腫瘍に初めて使用中)
…あとは病気や症状によって必要なのを買い足す感じで使っています。
(基本のもう一つは 確か3002だったかと思います)





 

ヘルシーレイ

 投稿者:エルー  投稿日:2015年 3月 7日(土)22時19分3秒
返信・引用
  うさぎさん、初めまして。

ヘルシーレイの利用者だということで、ボクも嬉しいです。

おそらくコウケントーもヘルシーレイも、同じような構造をしているようです
二つとも持っていますが(どちらもかなりの中古です)
使い勝手が多少違うけれども、基本的なところは一緒のようです

カーボンについては、現在はコウケントーを使っています
ヘルシーレイのカーボンは、あまり評判が良くないようです
第一カーボンのレメディがいいみたいですね
いずれ機会があれば、そちらの方を使ってみたいと思っています

炎は、あれ程度でても仕方ないのかな、と思います
ただ、あまりにも炎が大きいと、カーボンの減りも早いかもしれません
現在コウケントーの#3002(総合光線)を使ってますが、
中心が発光するとものすごく白い光が出ます
カーボンがただ燃えているときには、色が変ります(オレンジ色)

カーボンがただ燃えている状態では、ほとんど効果がないようです

 

スパークの位置について

 投稿者:エルー  投稿日:2015年 3月 7日(土)22時03分39秒
返信・引用
  スパークの問題について、その後なんですが・・・

結局、下を向けずに水平に照射することで、かなり改善できた感じです

なぜ下向きにすると問題が発生するか・・・自分なりに考えてみたのですが
そもそも光線治療器は、アーク溶接に似たところがあり
二つの電極を接触させるときに発生するアーク放電のようなものです
平たく言えば、コンセントの先をショートさせたときに発生する火花
あれです

その際に、火花として飛んだ電気(電子)は、熱エネルギーに変化します
この熱エネルギーを利用してアーク溶接・・・つまり鉄を溶かしてくっつけるわけです
光線治療器だと、この熱エネルギーでカーボンの中心にある元素を燃やして
連続スペクトルを発生させるということになると思います

一度高温になると、電子は放電しやすくなります
これは熱エネルギーが電子運動を加速させるから・・・だったと思いますが
高温になればなるほど、放電が起こりやすい

逆に言えば、低温だと放電はなかなか起こりづらい
だから、光線治療器は最初のうちはカーボンを接触させないと放電が連続して起こりません
放電に必要な熱エネルギーが足りないからです
接触させてしばらくすると、熱が十分に発生し、ギャップを設けても
連続的に放電が起こるということなのだと思います

で、光線治療器はカーボンを電極にしているので、
必然的にある程度の熱に達すると炎が出る
(カーボン=炭素、つまり炭と同じ)
炎というのは、内側よりも外側、上側の方が温度が高い

そのため、カーボンがやや下向きになっていると、
炎がカーボンにかかる格好になり
カーボンの先よりも数センチ根元側の方が高温になりやすい

電気は、もっとも流れやすいルートを選ぶ性質があるので
普通はギャップ間距離がもっとも小さい部分を流れるので
カーボンの先端で放電が発生します。
ですが、高温の部分の方が電子は飛びやすいので、
場合によっては、先端よりも高温になった根元側の方で放電が発生することがある

そういうことなんじゃないかと思います

そういうわけで、水平方向に向ければ、炎はカーボンにはかからないので
問題が起こりづらい
・・・もちろん、炎が出なければ、このような問題も起こらないのかも知れませんが。

以上はあくまで推測です・・・専門家の方がいれば、いいのですが。

 

ヘルシーレイ愛用者

 投稿者:うさぎ  投稿日:2015年 3月 7日(土)18時52分29秒
返信・引用
  こんばんは、自分も、ヘルシーレイの中古の光線器を
使ってます。カーボンも、ヘルシーレイです。

カーボンの長さや、位置によっては、スパークするとき、炎で、
なかなか、光線みたいになりませんね。
コウケントーを使ってみたい気がしますが、
カーボンが、ヘルシーレイより、種類が多彩なんで、
まだ、使ってません。 同じように、ヘルシーレイ使ってる方がいて、嬉しいです。
 

スパークの位置

 投稿者:エルー  投稿日:2015年 3月 4日(水)20時48分34秒
返信・引用
  >nasaさん

nasaさんのところでは起こりませんか。

機械はヘルシーレイで、カーボンはコウケントーを使っています。
いろいろやってみましたが、水平方向だと改善するようです。
下側を向くと、カーボンが赤くなる部分が長くなり、この不具合が出るようです。
ただ、水平方向でも完全には改善されませんが。

もしかすると、このあたりは機材の古さが関係するのかもしれません。
情報ありがとうございました。


>たまさん

ご助言ありがとうございます。

機械の性質上、3cmではカーボンの先が接触せず、発光しません。
なので、3.5cmでやってみましたが、やはり起こるようです。
 

/27