投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. ルイヴィトン財布コピー(0)
  2. ブランド偽物ブランド激安(0)
  3. ブランド偽物(0)
  4. ※VUITTON-ルイヴィトンN級最高等級時計大量入荷(0)
スレッド一覧(全4)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


肺がん

 投稿者:団塊おやじ  投稿日:2016年 9月28日(水)12時13分7秒
返信・引用
  知人の65歳の女性が乳がんから肺に転移して抗がん剤の治療をするも、副作用で
苦しんでいた。そこで手持ちの光線治療器を送って試してもらった。
説明書に従って毎日1時間光線を照射した。
3ヶ月使用の感想は大正解。吐き気や関節痛などの痛みが和らぎ、先月は海外旅行を
したとのこと。使用する前は「いつ死んでもよい」と弱気だったが本来の強さが戻り、
明るくなった。

光線はガンを退治するわけではなく、体を温め体温をあげて免疫力を回復させ、
進行を遅らせる働きだと思います。
丸山ワクチンも同じで免疫力を高める役割で初期のガンには有効です。
けれどもガンがまん延しては手遅れだと思います。但し痛みを和らげる作用はあるようです。
-----------------------------------------------------------------
インタ-ネットの記事にアメリカの大学で赤外線を照射して体温をあげたら
うつの症状に効果がみられた、とありました。うつやガンの方はたしかに低体温です。
体温を1度あげるだけでいろいろな症状が緩和されるのは昔から報告されています。
この器具もそのための方法のひとつとして利用してはいかがでしょうか。

別の記事でアメリカで日本人の研究者がガンのラット(ネズミ)に赤外線照射を
したら3ヶ所のガンが消えた。3年後に人体で扱えるよう研究中とありました。
 

家庭用赤外線治療器について

 投稿者:団塊おやじ  投稿日:2016年 9月16日(金)09時19分31秒
返信・引用
  家庭用赤外線治療器について

団塊おやじです。光線療法の機械を10人ほどの方に配布したのですが、
使いこなせているのは1人だけです。高齢者には説明書を読む気力も
理解することも、だんだんと困難になってきます。

使用すれば効果があるのはわかるのですが、毎日続けることが難しいのです。

そこで家庭用赤外線治療器が手元にあったので、94歳で肩、腰の痛みのある
おやじに試してもらいました。朝晩いつもあたためていたら2ヶ月で改善。
腕も回るようになり、体のこわばりがとれ、ボチボチと畑をやっています。
90歳のばあちゃんも右腰から足の痛みがあったのがずいぶん良くなりました。

そこで80歳以上の症状のある10人ほどの男女に赤外線治療器を試してもらいました。
効果は次の通り。

足のむくみ/便秘の改善/手指のこわばり/首筋のこわばり痛み/足のこむらがえり/
肩こり腰の痛み/肘や膝の痛み/頭痛/目を閉じて目をあたためると疲れがとれる

赤外線治療器は簡単で高齢者の体を温めるには適しているようです。
体を温めることで症状は好転します。
毎日続けることが大事です。やめたらまた痛くなります。

高齢者の方はこれとおもったら、そればかりやる傾向が強いです。
朝から晩まで温め、やり過ぎると、害になる場合があります。
自分で様子をみながら温めすぎないように加減してください。

高齢者や体力の弱った方には効果がみられますが、70代でも元気な方には実感
できないようです。

10人に1人しか効果がなくても改善された方には感謝されています。
 

カーボン

 投稿者:まさ  投稿日:2016年 9月13日(火)20時04分7秒
返信・引用
  短くなったカーボンを新しいカーボンの先端に接着剤で貼り付けて使っても大丈夫ですか?

短いのがいっぱいできて、もったいないですよね・・・

補助器具も何回かしか、持たないですし・・

 

やまさんへ

 投稿者:管理人  投稿日:2016年 6月 4日(土)20時18分17秒
返信・引用
  火傷状態ですか?こわいですね。
使い方もあるでしょうから、ぜひお持ちの光線器の専門の方に聞きながら、おやりになってください。

以前に近づけすぎて、真っ赤っかになったという方がおられました。

のどの痛みは、口を開けて照射すると良いのでしょうが、口を開けなくても、のどに外側から
照射しても効果ありますよ。
そのほうが苦しくないのではないでしょうか?

いずれにしても、いろいろありますね。
体験談は参考になります。
やまさん、ありがとうございます。
 

初めまして!

 投稿者:やまメール  投稿日:2016年 5月30日(月)09時48分31秒
返信・引用
  光線治療で腰痛やいろんな病気に役てています。先日喉が痛みがあったので光線治療をしたのですが間違えて3ごう集合機を喉にに向けて治療しました。喉の痛みが増したので病院で治療しています。販売先に問い合わせたらノズルのガラス棒を入れて治療しないとだめですよと言われました。この場合ガラス棒を口の中に入れて光線治療をしたほうが早くようなるでしょうか?多分口や喉が一種の火傷状態のなっているみたいです。宜しくお願いします。  

okunoさんへ

 投稿者:管理人  投稿日:2016年 5月23日(月)21時04分32秒
返信・引用
  お返事遅れて申し訳ありません。

コウケントーカーボンですね。やはり専門の機関に聞かれたほうが良いと思いますよ。
すぐ下に連絡先が書いてありますので、参考にしてください。

今お持ちのもので代用できると良いのですが。
 

3001番の代用

 投稿者:okuno  投稿日:2016年 5月16日(月)08時38分29秒
返信・引用
  はじめまして。タコの治療をしたいのですが、3001-4008で治療となっていますが、3001番を持っていません。代用できるカーボンの番号を教えて下さい。  

こんにちは

 投稿者:管理人  投稿日:2016年 4月30日(土)21時21分46秒
返信・引用
  ニャン子さん、こんにちは。
光線器を購入されたのですね。
ところで白カーボンがあるといことは、コウケントーカーボンか第一カーボンでしょうか?
どちらの会社も白カーボンは総合光線系、赤は赤外線系、緑は可視光線系です。

さて腰痛の痛み、歯茎の腫れですと赤外線系を使うと思うのですが、正確に知りたい場合は
会社に聞いてみると良いでしょう。

コウケントー
財団法人光線研究所。
電話番号03-3200-3276
受付時間朝9時~夕方5時です。
お休みは日曜、祝日、第二、第四土曜日

第一カーボン
第一カーボン株式会社
TEL: 045(931)5411

会社によって主に2種類の組み合わせで行う場合もありますよ。
 

初めまして!

 投稿者:ニャン子  投稿日:2016年 4月28日(木)15時42分41秒
返信・引用
  最近、治療器を購入したばかり
なのですが、カーボンの組み合わせについて全く
分からないのですけど、カーボン=2本とも同じ
「白+白」の使用でよろしいのでしょうか?
「白、赤、緑」を購入しておりますが、腰の痛みの場合と、
歯茎の腫れの治療のカーボンの組み合わせを教えていただ
きたいのですが... ┏○))


 

そうですね

 投稿者:管理人  投稿日:2016年 4月 7日(木)16時57分48秒
返信・引用
  詳細なご説明、ありがとうございます。
団塊おやじさんがおっしゃる通り、人任せではいけませんね。
自ら、自分の力で取り組むことが、いかに必要かを感じました。
マッサージの威力はすごいですね。良い情報です。
さて、光線と組み合わせたら、どんな展開になるやら、また実践されたら
教えてください。
よろしくお願いします。
 

3ヶ月

 投稿者:団塊おやじ  投稿日:2016年 4月 7日(木)07時16分23秒
返信・引用
  90歳のばあちゃんが5年前に脳梗塞を患い、左の手足が不自由になった続きです。
入院し、病院のリハビリをしていましたが”これでは駄目だ”と帰宅。

リハビリが緩やかすぎて、これでは痛みはとれても手足が動かなくなると無理を言って
退院しました。1人暮らしですから自分でリハビリを開始。

これには理由があります。昔、病院には付き添い人という制度があり、家族に代わり
付き添い人を家族が雇って病人をみるという制度です。
田舎から出て技術もなく、人の世話をするという仕事は彼女に合っていました。

お世話をする人に高齢のあんまさん(マッサージ師)が脳梗塞で入院してきました。
あんまさんは彼女に”俺の言う通りに痛くてもかまわないから動かしてくれ”と手足を
動かすように指示しました。今でいうリハビリです。

懸命に動かしていると手足は動くようになり、早々と退院していきました。
それが評判になり、彼女を指名する人が相次いだということです。

それで彼女は、痛くても3ヶ月の間にできるあらゆる治療をやらなければ拘縮し、その後
努力しても回復はしないと確信を得たそうです。

そこで彼女に毎日マッサージにきてほしいと言われましたが、1日おきにしてもらいました。

1日は自分で動かない手足を動くほうの手でマッサージ。段差をのる訓練。くたくたに疲れる
ので私のマッサージで回復。そして自己流のリハビリ。

3ヶ月後見事に上がらない腕は上がるようになり、ものをつかむととが出来るようになりました。
引きずっていた足も上がるようになり、ゲ-トボ-ルをやれるまでになりました。85歳でした。
その当時は光線治療を知りませんでした。

そこでマッサ-ジの代わりに光線を使ったらどうでしょう。光線を使って動かしてやる。
病院のリハビリまかせにするのでなく、自宅でできることはなんでもやる。

家族の協力も必要でしょうが、自分で絶対に回復してやるという気持ちが一番です。
気持ちさえ有れば、自分でできるいろいろな工夫が考えられます。

ひとまかせ、病院まかせではうまくいきません。
参考になれば幸いです。

ところで私だけ掲載していますがいいのでしょうか?


 

なるほど

 投稿者:管理人  投稿日:2016年 4月 4日(月)17時19分33秒
返信・引用
  団塊おやじさん、詳細な情報ありがとうございます。

足裏は、どんな時にも大事な照射箇所ですね。
整骨院の先生の8台での全身照射はすごいですね。これは効果抜群だと思います、確かに。
団塊おやじさんも色々な効果を自ら実感しているんですね。
挟んで照射するのも効果的です。
痛みが早く解消しますように!
 

足裏が大事

 投稿者:団塊おやじ  投稿日:2016年 4月 3日(日)07時32分51秒
返信・引用
  昔、開業して間もないころ、血圧の高い男性の肩をグイグイ揉んで人事不省になったことがあり
ます。幸い大事には至らなかったのですが、それから考えました。

当時ネットも普及しておらず、資料も乏しく参考になるものはありません。
医者は高血圧にマッサ-ジは禁止と言う立場だし、患者さんに血圧の高い人はたくさんいます。

そこで足先を揉めば血液は下がり、循環し、血圧も下がるのではないかと考えました。
やってみたら具合がよく、血圧の高い患者さんも断らなくてすんでいます。

光線も同じく足裏を照射すると上に淀んでいた血液が足先まで下がり、循環し始めると思えます。
体全体の血液が循環すれば体調も変化し、体温も上がり、良い方向へ向かうものと思われます。

「光線研究}26年8月号に面白い記事が載っていました。
整骨院の先生が体調不良になったとき、店にある8台の光線機を並べ、全裸で全身照射を30分間行うというものです。
それ以来、毎朝5時に光線を浴びるのが日課になり、70歳を過ぎた今も”元気ですね”と患者さん
から称賛されているそうです。

やはり機材は多いほうがよいのですが、8台は無理でも2台あったら使い勝手がちがいます。
私の場合、2台で足裏と足先をジンジンするほど光線を当て、足裏が温かく感じたら、膝の裏表、腰、お腹は両側を挟み
最後に2台で腰、背中、首筋を40分~1時間位毎日使用しています。

70日間で変わったのは以下の通りです。
(1)5kg痩せた。(以前は165cm,73kg)
  それまでは食事を減らしても運動しても73Kgが70Kgまでは下がってもすぐに戻ります。
  ここ10年70Kgの壁を超えることが出来ませんでした。感動です.
   代謝がよくなったのかもしれません。
   もちろん食べ過ぎないように注意していますが現在68Kg。
    あと5Kgは痩せるのが目標です。
    そうそうお腹周りも97から92へ5cm減。

(2)肝臓の数値が高かったのが基準値まであと少し。腎臓の数値も下がりました。
   中性脂肪と高脂血症は高かったのが基準値以内。
   糖尿病予備軍だったのがなんとか引き返すことができそうです。

(3)血圧は降圧剤を飲んでも140位だったのが薬を飲まなくても130以下。

(4)ひどい耳鳴りだったのが和らいだ。前が10とすれば5位。

(5)目が老眼と近眼、白内障の初期だったのが眼鏡をかけなくても運転ができる。
  (日常生活でメガネを使用しなくなった)

(6)頻尿で夜中に3回位起きたのが起きなくなった。

(7)前立腺肥大でおしっこの切れが悪かったのがなんとなく良い。

(8)足の踵がひび割れていたのがきれいになってきた。

(9)顔に大豆ほどのおできがあったが、目立たなくなってきた。

(10)最後に以前より右の背中が痛く、最近は左右ともに痛みがひどく、検査をしてもはっきりしない。
   昔、建築業で体を酷使して背骨が変形しているので、それかなとも疑っています。
   位置的には肝臓、脾臓、すい臓、胆石の疑いを持っているが血液には現れていません。
   すい臓ガンは手術しても助からないのでガンガン光線をかけてそれでダメなら仕方がありません。
   それでも痛みは徐々に 減って10とすれば4くらいの感じ。

こんな訳で私にとって光線治療は多いに役立っています。
但し、このやり方は私自身でやっている方法で他の人に当てはまるとは限りません。
参考になれば幸いです。
 

ありがとうございます

 投稿者:管理人  投稿日:2016年 3月31日(木)21時10分32秒
返信・引用
  団塊おやじさん、早速ありがとうございます。

このサイトを見る人が必ず参考にされると思います。
貴重な事例です。
これからも、たくさんの方を助けて、ここで報告していただけたらと念じます!
よろしくお願いいたします。
 

(無題)

 投稿者:団塊おやじ  投稿日:2016年 3月30日(水)21時47分26秒
返信・引用
  今晩は 団塊おやじです。
まだ光線を使用して2ヶ月ですが、出来事の症例を挙げてみたいと思います。

(1)82歳女性
   寒くなると、喉がイガイガして声がかすれる。医者の薬では治らない。
   朝の指のこわばりがひどく、温めてさすってやらないと指が動かない。
   光線で改善。但し3日もやらないと症状が戻ってくる。

(2)90歳女性 1人暮らし
   社交ダンスが趣味で長い。5年前に軽い脳梗塞を患ったが週に3回のマッサ-ジと
   リハビリを3ヶ月。見事に左の手足が動くようになった。
   頑張れたのももう1度ダンスをやりたいためだそうです。

   先週、台所で転んで膝を強打して動けないと電話が来た。
   訪問し、コウケント2号で赤黒く腫れた膝を2時間照射すると、うすいピンクと白い
   肌に変わり、激痛も和らいだ。1晩過ぎたら痛みもなく、ダンスの集会へ行ったそうです。
   これには私もびっくりしました。

(3)88歳女性
   股関節のシビレ、痛み。マッサ-ジをするけれども効果が短い。
   足裏に光線を当てながらマッサ-ジと併用すると痛みが少なく期間が長持ちする
      そうです。
   詳細はまだ検証中です。
 

はじめまして

 投稿者:管理人  投稿日:2016年 3月30日(水)11時40分55秒
返信・引用
  団塊おやじさん、ご投稿ありがとうございます。

確かに火傷やねんざは早いですよね。
マッサージ30年のキャリアはすごいですね。
マッサージと同様に光線で多くの人を喜ばせるのは素晴らしいです。

団塊おやじさんを通じて光線ファンが増えると思うと嬉しいです。

このサイトには「光線って何だろう?」という方もおられると思いますので
体験されたことなど、どんどんご投稿いただければ、とてもありがたいです

これからもよろしくお願いいたします。
 

はじめまして

 投稿者:団塊おやじ  投稿日:2016年 3月28日(月)19時01分24秒
返信・引用
  はじめまして。古希に近い団塊世代の爺です。
マッサ-ジのお店を30年、コツコツと1人でやっています。

患者さんは高齢者が多く、ガンなどの難病も多く、亡くなる方もいらっしゃいます。
なんとか治療の道はないものか?といろいろとネットで調べていたらこの掲示板に
たどりつきました。

ここで初めて「光線治療」を知りました。
治療の選択肢が広がるのは患者さんにも助言できます。早速やってみました。

コウケント1号なるものをネットで5万円で購入し、本やネットで情報を調べました。
今年の1/18より開始。朝晩1時間づつ光を浴びました。

数日後、熱湯で右手を火傷したので早速光に手をかざしてみると痛みが取れて
3日で水泡もとれ、びっくり。後日雪で転んで捻挫したのも3日で完治。

すっかり光線治療のファンになり機械も4台に増えました。
おかげで成人病が改善されつつあります。

患者さんにも話すと試してみたいという方が続出。10台ほどコウケント-(中古)
を購入。どのような結果になるか楽しみです。

よろしくお願いします。
 

ようこそ

 投稿者:管理人  投稿日:2016年 3月25日(金)21時27分21秒
返信・引用
  こんばんわさん、こんばんわ(笑)

投稿していただき、ありがとうございます。
ときどき見ていますが、今年はまだ、どなたも投稿されていないので、さびしかったところです。

なるべく私は出場せず、みなさんで自由に会話していただいてます。
管理人にご遠慮なく、自由に意見や質問、疑問などを投稿していただければ幸いです。

もちろん、管理人の私にご質問ありましたら、参加いたします。

よろしくお願いいたします。
 

(無題)

 投稿者:こんばんわ  投稿日:2016年 3月16日(水)20時37分13秒
返信・引用
  今晩は。
コウケントーについて、色々調べていましたら、こちたにたどり着きました。
投稿させて頂いてもよろしいでのでしょうか?
 

2015年ありがとうございました

 投稿者:管理人  投稿日:2015年12月31日(木)11時39分14秒
返信・引用
  皆様、今年もたくさんのご投稿ありがとうございました。

屈託ない自由なご意見や情報交換の場としてご利用いただけて、大変うれしく思っています。

これからも光線療法のことならなんでも意見交換や情報交換にこの掲示板をお使いいただきたく思います。

今後ともよろしくお願いいたします。
 

エルーさんへ。有難うございました。

 投稿者:ホワイト  投稿日:2015年10月16日(金)20時00分54秒
返信・引用
  エルーさん

ご返信ありがとうございます!
耳掃除でせきが出るのは何ででしょうね?耳と喉はつながってるといいますが。
私の時は、めんぼうで耳を擦ってしまって(その頃普通の麺棒だと耳垢が奥に入ると聞いて細いのを使っていましたが、細いとめんぼうそのものが奥に入ってしまってかえって危ないですね。元々普通の太さのをつかっていてそのころはまったく問題なかったので麺棒は普通の太さのものにに戻そうと思います。)耳が熱痛い感じになって、それから風邪みたいに咳が出てきた感じです。深刻じゃないと聞いてそうかと思いました。その頃(内視鏡やってきた病院行くまで)はまだ喉も痛くなかったです…。耳の痛みだけはそれからすぐ直りました。

抗生剤は4日分でてます。やっぱり使いすぎると効かなくなるんですね。薬飲まないためにも、やっぱり空気清浄機買わないとですねw
それと痰を切りやすくする薬も貰ったのですが、これもあんまりつかわないほうがいいと
いうことですね。痰は出ないとしばらくでないですが、出始めると暫くつばみたいのがでてくるかんじです。確かに痰を出しすぎると喉が渇く感じがしますね。

エルーさんは象印の空気清浄機をお使いなんですか。(ご回答ありがとうございます!感謝です)象印は日本のメーカーさんだし加湿器のほうの評判も悪くなかったので、捜してみます。
書き込みからまた、色々捜してみたのですが、どうやら出来れば加湿器と空気清浄機は別々のほうがいいみたいです。(私調べなので、そうでもない!って言う話しもあるかもしれないですがw今のところはそんな印象を受けました。)
場所の問題では一緒のものがいいですが、カビなどの問題や手入れなどでは別々がいいのかなと。カビは、機械自体につくのを特に気にしてました。(それをそのままつかうと空気にもカビがでちゃうようなので)
エルーさんは修理できるんですね!羨ましいです。どれ使っても大丈夫そうですねw(手入れ的なことでも。掃除がしにくいものもあるようで、クチコミでそのお悩みの書き込みなどを見かけたので、一般人wの私としては掃除しやすいもの、汚れがたまりにくいものがあってるかなと。)
加湿機能付き空気清浄機は気化式が多いみたいですよ。(アマゾンでシャープのが8畳で一万五千八百円円でした。)
5年も使えるならいいですね!(私は修理は出来ないので、壊れるまで使うほうです;あまり買い替えしないです。)
加湿器、使わないときは水は抜いたほうがいいですよね。実は小さい卓上のを持っていて(全然ききません;逆に熱くなって乾燥する感じだったのでいまはしてないです;)水抜き忘れていた事ありました…。(経験済みでした…w)気をつけます!w

光線は自宅にあればいつでもかけられるところがいいですよね。昨日はのどが痛くなったときまたかけたのですが、かける前と比べて痛みが少し和らぎました。(私のほうは雨が最近多いのでそんな日も光線いいですね。)母もよく疲れをとるのにかけていました。
あ、後は動物の治療にも使っていました。昔小鳥を飼っていたので、元気が無いときにかけると次の日には軽快に動いてましたw

エルーさん、アドバイス色々ありがとうございました。とっても参考になりました!詳しく書き込みして下さってお心にも感謝しています。こうしてお話できて色々考えが広がっていきました。自分にあった健康法みつかるといいです。本当にありがとうございました。m(__)m
 

空気清浄機など

 投稿者:エルー  投稿日:2015年10月16日(金)00時18分13秒
返信・引用
  ホワイトさん

症状が改善したようで、なによりです
私も耳掃除をすると、必ず咳が出ます
ですので、症状としては深刻なものではないと思います
少なくとも、内視鏡を使うほどのことではないですね

病院側も、経営が大変だという事情があるようですので、一概に検査しすぎが悪いとは言いませんが、内視鏡を扱う場合にはキチンと訓練を受けて欲しいと思います
(中には、興味本位で購入してロクに訓練も受けずに使用する人もいるようです)

喉の乾燥は、私も経験がありますが、なかなか辛いものです
冬の時期でしたが、1ヶ月以上喉が痛み、時々出血もしました
あまりに酷いので、寝るときにマスクもしてましたね・・・効果はやはり・・・微妙でした
痰を吐きすぎると悪化するので、多少いがらっぽくても我慢する方がいいようです
その時は幸い、暖かくなったら自然と良くなりました

抗生物質は、あまり使用しすぎない方が良いですよ
耐性菌ができると、面倒です
出来るだけ日常生活の見直しで対処した方がよく、いざという時にだけ抗生物質を使ったほうがいいです

空気清浄機と加湿器ですが、鼻が敏感な人は持っていたほうがいいように思います
鼻の機能が低下すると、風邪やインフルエンザにもかかりやすいので、これからの時期はとても役立つと思いますね

空気清浄機は、象印のPA-YA13というごく普通のものを使用しています
値段が手頃だったので買いましたが、5年くらい使用していますね
花粉の時期や冬の期間はつけっぱなしです
それ以外のときは、ホコリがたつ状況のときだけ使用しています

加湿器は、シャープの古い機種を使っています
プラズマクラスターが付いていますが、おそらくもう機能していないと思います
(確か2~3年ほどで発生しなくなると思いました)
ですので、小型のプラズマクラスター発生器を駆動しています
一応効果はあるようで、風邪はひきずらくなりました
特に冬は乾燥しやすいので、加湿器とプラズマクラスターは頼りになります
ただ、春~秋の間は使いません

余談ですが・・・
加湿器を使用しない期間は、水をキチンと抜いて乾燥させてから片付けることをお勧めします
以前あったことですが、水を入れたまま放置して、いざ使おうとしたら動きませんでした
中を開けて調べたところ、中に入り込んだホコリや小さなゴミに湿気がついて、電気回路にへばりついていました
これらのゴミを取り除いてやったところ、正常に作動しましたが、ネットを調べるとこのようなケースが結構多く、そういった理由で加湿器を買い換えることもあるようです

カビについては、生活環境が分からないのでなんとも云えません
乾燥時期にだけ使う分には問題も起こりづらいと思いますが・・・

加湿機能付き空気清浄機は、あると便利そうですね
以前購入を検討しましたが、購入すると今使用しているものが不必要になるので止めました
修理マニアは、結構なんでも直してしまうので、なかなか機材が新しくなりません(苦笑)

コウケントーは、私の場合、冬の期間に良く使います
寒冷地なので、太陽光が乏しいと感じるときに、健康維持のため使用しています
病気の治療ではないので、長時間の使用は滅多にしません
毎日10~20分くらい、下半身を中心に適当に照射しています
風邪を引いたり体調不良の時には、もっと長時間照射しますが、あまり順序や部位にはこだわりません
こういうのは、それぞれ好きなようにやるのがいいと思います
その方が続けられますし、気楽ですし。

あれこれ書きましたが、ご自身のアイディアでいろいろと試してみてください
きっとホワイトさんなりの健康維持法が見つかると思いますよ
 

追記です

 投稿者:ホワイト  投稿日:2015年10月15日(木)20時19分45秒
返信・引用
  > No.771[元記事へ]

追記です。
加湿器と空気清浄機を買いたいですが、
加湿器はかびなどの対策で色々調べてスチーム式(熱で殺菌されるらしいのであまり心配いらないとのことで)にしようと思っていたのですが(象印 スチーム式加湿器 加湿量350mL/h ベージュ EE-RK35-CA とか)空気清浄機と加湿器とで別々に買うか、加湿機能付き空気清浄機を買うかまよってます。(加湿器と一緒になっていてカビとか大丈夫かなと…)
加湿器では象印がよかったっぽいので(ネットで自分調べですが…)ZOJIRUSHI 空気清浄機 ホワイト 【~16畳】 PA-HA16-WB とかどうかなと思ってるのですが…。
くっついてるのはシャープ
KC-D50加湿空気清浄機とか…。
プラズマクラスターですが、私のうちのクーラーにもついてます。でも効いてるのかよくわからないです;(今はつけてません。暖房も乾燥するのでつけてないです。夏はクーラーでつけてました)
部屋は6畳なので買うとしたらそんなに大きくないものがいいです。(場所もないですし;)
エルーさんはどんなのをお使いでしょうか?重ねての質問申し訳ありません。(答えられたらで構わないです。問題ありましたらスルーで大丈夫です)
 

ご返信ありがとうございます。

 投稿者:ホワイト  投稿日:2015年10月15日(木)17時11分27秒
返信・引用
  エルーさん
丁寧なご返信有難うございます。
その後耳鼻科に行ってきました。(別のお医者さんの紹介で)
喉はなんともないようでしたが、乾燥してるといわれました。
抗生物質をのんだら楽になりました。
経緯としては、最初耳かきしていて耳が痛くなって、その後セキも出てきたので耳鼻科に行きました。それで喉と鼻を見てもらったのですが、鼻に内視鏡をいれらて痛くなったのははじめてで、その後ずっと喉が痛かったです。
空気清浄機などはもっていなかったので購入したいです。乾燥もあるので加湿器は買おうかと思っていました。(思いつきませんでした。空気清浄機欲しいです!)
あと確かに部屋がほこりっぽいです…昨日も掃除したばっかりだったのですが、夜入れた水を朝のもうとしたらほこりっぽい味がして、(フタもしておいたのですが…)それからまた喉が痛いです;また薬貰った耳鼻科に行ってこようと思います。
やっぱり空気清浄機などないと掃除してもすぐほこりがまってしまうものなのですね;部屋が乾燥して、ほこりが舞い易いのかもしれないです。
掃除もついサボりがちなので頑張りたいと思います。(今はマスクしながら寝ています。いいのかわるいのかって感じです…)
光線は5002,5002でしてます。(確か風邪用のだったかと)コウケントーさんの光線機です。(色々種類もあるんですね;)やり方は知ってます。カーボンの種類があってるかききたかったので書き込みさせていただきました。(本には組み合わせが何種類か書いてあったので。私の持ってる本だけかもしれないですが、書いてある内容が体験談形式でのっていて、少し調べにくいのです)
足の裏、足の甲、膝、喉の両脇と言うようにやってます。(本に書いてある通りにしてます。)
エルーさん、ご返信ありがたかったです。アドバイス色々ありがとうございました。m(__)m
 

黄色い痰

 投稿者:エルー  投稿日:2015年10月15日(木)00時48分37秒
返信・引用
  ホワイトさん

ご愁傷さまです
残念ながら病院の良し悪しと言うのはあるようです
私も病院で軽くあしらわれたり、逆にいろいろと調べられて異常ナシで済まされたことが何度もあります(こういう場合、なかなか納得できないものです)

今後病院に行くかどうかは別として、自身の症状からどのような病気の可能性があるのかは調べておいた方が良いです
お医者さんでなくても、自分自身の身体ですから自分でよく把握しておいた方が対処はできます

なぜ耳鼻科へ行かれたのかわかりませんが、鼻づまりや鼻水が症状なら、たいていは鼻炎を疑われます
カメラを鼻から入れられたとのことですが、鼻炎程度でカメラを入れるのか、疑問です
病院によっては高額な機材の投資回収のため、なにかにつけて機材を使って治療費を請求するケースもあるようなので、病院選びは慎重になさってください
(経験上、新しい外観、新しい機材の充実した病院は、そのような傾向があります)

痰が黄色い・・・という症状だと、蓄膿症(慢性副鼻腔炎)が考えられます
黄色もしくは緑色の鼻水が出たりいつも鼻づまりになる病気ですが、これらの鼻水が喉の方に落ちることがあり、それが痰として出る場合が結構あります
私も小学生の頃、蓄膿症になりましたので、よく痰に黄色いものが混じったりしました

カメラによる傷が原因かどうかはわかりませんが・・・
いわゆる内視鏡による検査は、未熟な医師が扱うと、その挿入過程で内部に傷をつけることがあります
胃カメラの場合、実際それで傷がつくケースは少なくないようです
もしかすると、そこがまだ癒えておらず、そこが膿んでいるのかもしれません

痰が絡む場合、何度も吐き出すことになると思いますが、これをやりすぎると喉を痛めます
実は喉にある粘液が喉を保護しているわけですが、鼻水の塩分によって流されたり、あるいは痰と一緒に吐き出されたりでよくないようです

いずれにしろ、一向に回復しないようであれば、別の耳鼻科(出来れば評判など確かめて)で診察を受けるのが無難ではあると思います

蓄膿症の場合、治療方法は基本的に鼻の洗浄がメインだったと思います
有効な薬があるのかもしれませんが、かなり深刻な場合には手術を行う場合もあるようです
(鼻の中にメスを入れるので、かなり痛いようです)
そこまで酷くない場合でも、個人的な所感からいえば、治癒するにはかなり時間がかかり果して治療が有効なのかどうかよくわかりません
1年くらい通ったと思いますが、悪くはならない程度だったでしょうか
今から思えば、ホコリっぽい環境を改善したり、花粉症対策などをすべきだったと思います
鼻洗浄をしながら、そのような対策を取れば、かなり有効なはずです
(ちなみに、秋には秋の花粉症、例えばブタクサ・よもぎやセイタカアワダチソウなどの花粉が出ます)
また、寒暖差による体調の変化やハウスダスト、ペットの毛など原因となるものはたくさんあります
こういうのは一度過敏になってしまうと、なかなか治らない傾向があるようです

まずは部屋の掃除や空気清浄機の設置、花粉症対策や食事の改善など、生活習慣の見直しが必要だと思います
また、アレルギーがないかどうか、調べてみるのがいいと思います

さて、光線治療器の件ですが、これについては効果があるのかどうか、よくわかりません
鼻や喉に試したことがないので・・・
この掲示板の過去レスにあったような気がしますが、まずは下半身(足の裏・足の甲・脚など)を中心に集光器を使わずに照射したあと、上半身の特定の箇所に集光器を使って照射する、ということだったと思います
詳しくは過去レスを探してみてください

ただ、アレルギーが原因だったり生活環境が問題であった場合には効果は限定的になると思います
まずはしっかり原因を探る必要があるように感じました

なお、原因が別のものである場合には、やはり病院のアドバイスを受けるのがいいように思います
 

黄色い痰

 投稿者:ホワイト  投稿日:2015年10月 9日(金)07時58分58秒
返信・引用
  初めまして。自宅で光線治療を始めているものです。
耳鼻科にいったら鼻からカメラをいれられその直後から喉が痛いです。炎症止めでなおるといわれて飲み続けていたのですが、4日目くらいから痰が黄色いのが混じるようになりました。(10/1から現在までです)もう耳鼻科には行きたくなく、何か無いかとふと自宅にあった亡き母がつかっていた光線治療器を思い出し使う事にしました。
黄色い痰が出てきたのですが、何番のカーボンがいいでしょうか。(今は風邪用カーボンでやってます)
喉はまだ少し痛く、黄色い痰が気になります。熱は無いです。セキもそんなに出てないです。朝起きていがらっぽくなって痰を吐くと黄色いです。(朝一が黄色いです。その後はねばりけのある透明の痰がでます。よーくみると黄色い感じです薄い黄色です。風邪か気管支炎かな?と…)
また、こういう質問に答えられる会社(コウケントーさんなど。病気のことで電話して大丈夫でしょうか)など知っていたら教えていただけるとありがたいです。宜しくお願いいたします。
 

初心者さん

 投稿者:膠原病13  投稿日:2015年10月 6日(火)17時20分11秒
返信・引用 編集済
  過去記事も含めて読むという聞くよりも

自分で考えて行動できなければ

私の意味は理解が出来ません

なので聞いてくる人に教えても

患者以外は無意味なことが多いのです

私は15年間色々な人に教えてきて

それを経験から学び答えを出してます


根拠の論文は私のブログに一部記載してます


名前どおり検索すれば出てきます

後は英語で自分で調べるなり

努力して下さい 自分で努力した上で聞くと言うのが必要だと考えてます

死にそうな時、私は人助けや命がけで独学で学びました

人が教えてくれるのは大半間違えてましたから

患者の場合は正しい事を教えてあげねばなりません

宜しくお願いします

 

Re: 初心者さん

 投稿者:初心者  投稿日:2015年10月 6日(火)10時12分54秒
返信・引用
  > No.766[元記事へ]

膠原病13さま

回答ありがとうございます。

ただ、ご回答の中に、
「根拠論文」が示されていないので、
確認できないのですが。

また、「私の記事」というのが、
何のことか分かりません。
公開されたブログかHPでしょうか?

 

初心者さん

 投稿者:膠原病13  投稿日:2015年10月 5日(月)22時05分3秒
返信・引用 編集済
  私の記事に日本で初めて翻訳された記事があります

当然日本へ掲載したのが私が一番目なので

記事としては日本掲載はまだまだ少ないでしょうが

今後は増えていくことでしょう


私の記事を検索して行けば見つかります


他に関連する記事は検索すると沢山出てきます


関連記事は

グラント博士が取り組んでいる次のプロジェクトは、黒色腫のリスクに関連したスペクトル域は、UVB域ではなく、UVA域(315~400 nm)の長波長紫外線であることを示すプロジェクトです。「UVA域の方にリスクが高い理由は、UVAは表皮により深く浸透し、メラニンのある基底層付近に遊離基を生成するためです。さらに、ビタミンDは、黒色腫のリスクを低下させます。」。

The next project Grant is working on, is on showing that long-wave UV, the UVA region (315-400 nm), is the spectral region associated with melanoma risk, not the UVB region. "The reason the UVA region is more of a risk, is that UVA penetrates the epidermis more deeply and generates free radicals near the basal layer where melanin is found; in addition, vitamin D reduces the risk of melanoma."



 グラント博士が注力しているもう1つの研究は、体内にできる癌の原因となり得る、食物の危険要因をさらに分析することです。「生活習慣病に関する私の研究には、2つの局面があります。UVBとビタミンDの関係性、そして食生活です。陸地に住み、よい健康状態を保っていたと考えられる、私たちの祖先の当時の生活様式に近づけて考えてみると、この2つの点が、関係し合っていることがよく分かります。

The other work he's doing now is directed at further analysis of dietary risk factors for internal cancers. "I see the two aspects of my studies of chronic diseases, UVB/vitamin D and diet, as being related in that both are finding that living closer to the way of life when our ancestors were living on the land is associated with better health."


上記以外も日焼けサロンの危険性を注意してます

光線治療器の得意とする線量です

ビタミンDを作る線量の領域になると悪い効果から良い効果へ転換するというのが

今の光線治療世界では”常識”となっております

安全性が高い紫外線A領域を使用するという定義自体

実は非常に曖昧で根拠が無いと言う事がよく理解できるまで

根拠は全てある状態といえます


メーカーさんも、優秀な技術者と研究者が沢山居るので

エキシマと同等の効果がある光線を開発して

光線治療院へ普及させるだけで

治療家の仕事は増えて、患者は恩恵を得て

メーカーも利益を上げられますから

3方向上手く収まる妙案になるわけです


私は全て独学なので

人に教えるという才能が極端に下手です

どうかお許し下さいM(__)M



太陽光線は、良い効果と悪い効果と言う具合に

交互におりなす光線です

その光線を全て浴びても良い効果を残す進化を遂げてきました。


此処から先は私の出した結論で推測と根拠ある仮説です


現代社会人は紫外線A.C領域になると

ダメージを追うと再生できないほど免疫力低下と

体内の酸化した(ダメージは酸化によるもの)細胞を再生できる

環境が不足してるのです

化学物質、ホルムアルデヒド等で腸内糖質1gで水素が50ccも生産されます

体内たんぱく質にて還元力が非常に高い

グルタチオン、カルノシンといわれてる化学物質はビタミンCの数百倍還元力が

ありますが水素はグルタチオン、カルノシンよりも数千倍還元力があるでしょう

これが腸内で悪い生活環境を継続する事で水素を生み出す細菌が死滅していくので

減る分血液の酸化、活生酸素のダメージ、ヒドロキラジカルの量が増える事で

様々な不定愁訴が生まれていくのです


例えば、酸化物質である水(還元電位+800もあります)

昔は還元電位-250とか150の還元された良質の水を飲み

還元された空気を吸い

還元された野菜と米を食べてました。


今は大体が酸化物質環境、酸化食品をたべてるので

世界一の癌大国になるのです


癌は酸化した環境でしか生息できないので

当然です


ということは、酸化しやすい紫外線AとC領域は

効果を得る恩恵よりもダメージが大きく

皮膚がんになるという研究は信頼性が十分です


太陽を浴びても還元できるだけの

健康体は太陽で十分ですが

がん患者は太陽は癌化する可能性を否定できません


準じた酸化体質である膠原病や難病も然るべき当然といえます


この差を危険な患者と安全な患者と区別は数値化は無理ですが

この根拠ある推測を無視して

無闇に療法をするのは個人的に反対です


サナモアでも320付近なので不十分なのです


315付近が出てる紫外線の電灯タイプとの併用なら


効果が倍増します


この方法を選択すれば、どんな機種でも対応可能では?と疑問も沸きますが


作られる化学物質の量が線量20で随分変わるのです


具体的に何の化学物質が作られるかは全て証明できてませんが

寛解する患者の割合を見たら説明できる根拠として考えて良いと思うからです


別の視点では別の意味もある可能性は否定はしておりませんM(__)M



患者以外の質問やアドバイスはしないというのが

私の拘りなのです なので更にの質問にはお答えしかねます

偏屈で申し訳ありません


以上簡潔ではありますが質問への誠意です
 

Re: お騒がせしてます

 投稿者:初心者  投稿日:2015年10月 5日(月)16時45分12秒
返信・引用 編集済
  > No.764[元記事へ]

膠原病13さま。
はじめまして。
光線療法に興味を持っている者です。

たいへん興味深い内容ですが、
もしよろしければ、
以下を教えて頂けないでしょうか?
(もし大変ならスルーして下さい)


「紫外線A領域を浴びると長期的に観察すると体内の
ビタミンD前駆物質濃度が低下する事は先進国でもはや証明されたのです」

初めて聴きます。
根拠論文を教えて下さい。


次に、普通の人は(僕もそうですが)
日頃、大量の太陽光線を浴びているので、
ビタミンD前駆体量低下の問題は起こらないような気がしたのですが、
いかがでしょうか?

太陽光線の紫外線量はたいへん多いです。

なお、サナモアが良いというお話は納得です。
なかなか良さそうです。



 

/27