teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:18/38 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

第34回105ウォークラリーに参加して

 投稿者:Rioメール  投稿日:2007年 5月 4日(金)23時40分0秒
  通報
  おかげさまにて無事完歩することができました。
記録:22時間26分   順位:390位
決して速くはないのですが、自分としては初挑戦で十分頑張れたと満足しています。途中大村のチェックポイントでは、出された差し入れが喉を通らない位気持ち悪くなったりしました。今は靴の選択を間違ったせいでマメで足の裏がズルズルなのと、筋肉痛が痛いです。
「そがんまでして歩きたかですか^^;」東彼杵のチェックポイントで足の裏にテーピングをしていたら、近所のおばちゃんがこんなことを聞いてきました。
なぜ、歩く?そこに道があるから?参加前の理由はやっぱり105km歩いたときに何が見えるか知りたかったから。自分の底を知りたかったから。もっとつづめて言うならズバリ『話んタネ』。参加した人にしかわからない世界ってありますからねぇ^^
で、ゴール前島原城を目前にして一緒に歩いてた人から「何か見えましたか?」と聞かれて自分なりに考えました。でね、気づいたのが(それはもちろん歩いたのは自分なんですが)、その陰にある皆さんのおかげの大きさです。家族だったり、走ろう会の人達だったり、いろんな県からやってきた他の参加者や沿道の人たち、途中あちこちで差し入れなんかをしてくれるスタッフの人たちだったり...みんなで「頑張れ!!」「お疲れ様!!」って励ましあって、それがなかったらとてもじゃないけど105kmは歩けません。道を行く車の中から子供達が「ガンバレェ」って声をかけてくれることも何度もありました。歩くのは一人ひとりなんですが、気持ち的にはひとりじゃないんですね。
 
 
》記事一覧表示

新着順:18/38 《前のページ | 次のページ》
/38