teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名 ※管理者の承認後に掲載されます。
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


重度認知症患者デイケアの利用について

 投稿者:けいた  投稿日:2016年 8月12日(金)12時41分24秒
返信・引用
  たかりんさんへのお返事です。

たかりんさんいつも本当にありがとうございます。
本当にわからなかったので助かりました。
また、これを参考に行っていきたいと思います。
 
 

Re: 重度認知症患者デイケアの利用について

 投稿者:たかりん  投稿日:2016年 8月12日(金)09時26分33秒
返信・引用
  > No.375[元記事へ]

けいたさんへのお返事です。

重度認知症患者デイケア利用中は、基本的に認知症対応型通所介護と通所リハビリは算定できませんが、小規模多機能施設は利用できると思います。
 

重度認知症患者デイケアの利用について

 投稿者:けいた  投稿日:2016年 8月 9日(火)12時12分59秒
返信・引用
  重度認知症患者デイケアで専従をしている者ですが重度認知症患者デイケアの利用についての質問です。

重度認知症患者デイケアの利用と小規模施設の利用は併用しても大丈夫なのでしょうか?
わかる方ぜひ教えていただきたいです。
よろしくお願いします!!
 

Re: 認知症治療病棟専従OTについて

 投稿者:はちろう  投稿日:2016年 7月31日(日)12時16分3秒
返信・引用
  たかりんさんへのお返事です。

たかりんさん、いつもありがとうございます。
OTスタッフの体制を大きく変えなければならないかと心配してました。
施設基準を読んでも解釈が難しかったので、助かりました。
ありがとうございました。
 

Re: 認知症治療病棟専従OTについて

 投稿者:たかりん  投稿日:2016年 7月30日(土)08時43分5秒
返信・引用
  > No.372[元記事へ]

はちろうさんへのお返事です。

施設基準では、「常勤」という文言が入っていないため、「非常勤専従」でも基準を満たしているといえなくもありません。
また、「常勤」の規定時間も病院によって様々ですから、週40時間のところもあれば28時間のところもあります。
ということで、はちろうさんが「短時間正職員」とされているならば、それで大丈夫ではないかと思います。

ちなみに、はちろうさんの短時間正職員が育児介護休業法に基づくものであれば週30時間以上で常勤としてカウントしても良いと平成28年度の診療報酬改定で明記されています。
 

認知症治療病棟専従OTについて

 投稿者:はちろう  投稿日:2016年 7月29日(金)17時34分30秒
返信・引用
  現在、週5日勤務で認知症治療病棟の専従OTとして働いています。今後、勤務を週5日から週4日に減らしたいと思っています。短時間正職員となり、非常勤ではないのですが、週4日勤務だと専従OTはできないのでしょうか?ちなみに生活機能訓練はOTと看護師でおこなっているため、OT休みの日でも240分の基準を満たしています。
 

Re: 転棟のときのレセプトコメント

 投稿者:miyabi  投稿日:2016年 7月 5日(火)08時33分25秒
返信・引用
  > No.367[元記事へ]

たかりんさんへのお返事です。

> ですから、出来高病棟から包括病棟に転棟する場合にはレセプトへの記載は求められていないと思います。

ありがとうございました。
色んなことをいつもわからないまま、もやもやしながら仕事しているもので、
気持ちがすっきりしました。
今後ともよろしくお願いいたします。
 

ADL機能訓練

 投稿者:さとかじ  投稿日:2016年 7月 4日(月)18時35分11秒
返信・引用
  当方ではADL評価はOTが実施しております。入院療養計画書にもNs、助手、PSW、OT
がそれぞれ(Drも)目標をそれぞれ記入します。ADL訓練の実施分数については、Nsが
考え作っています。何とか、今後はOTの作ったADL評価表の中に実施予定分数についてつけていこうと思っています。それで、評価表についてはN-ADLやNMスケールを使用しているところが
多いと思うのですが、バーセルやFIMなどを使用している方も多くいらっしゃるのでしょうか?
 

Re: 240分の定義

 投稿者:さとかじ  投稿日:2016年 7月 4日(月)18時26分36秒
返信・引用
  > No.368[元記事へ]

たかりんさんへのお返事です。

当方では午前2時間を集団で、午後2時間を個別という形で実施しております。
たかりんさんが書かれているようにADL評価の中に
ADL機能訓練として入れる形式を検討したいと思います。
いつも丁寧なご返事・ご指導ありがとうございます。
 

Re: 240分の定義

 投稿者:たかりん  投稿日:2016年 7月 4日(月)13時19分42秒
返信・引用
  > No.365[元記事へ]

さとかじさんへのお返事です。

さとかじさんがご覧になったのは、ADL評価をしてできていない項目に時間や回数を入れて計画書にしているのですよね。当院でも、同じような形式にしています。
理由としては集団で行うレクのようなものを午前午後の各2時間を基本にしてしまうと、どうしてもOTが訓練の中心となってしまい、担当OTRが3~4日休んでしまうと生活機能回復訓練に支障が出てしまうからです。
それを防ぐためにADL訓練を生活機能回復訓練の中心にしておくと余程のことがない限り訓練が実施されますから基準をクリアできできます。
ADL訓練なら看護記録に食事や排泄の記録が書かれるでしょうから、一緒に記載(チェック)もしてもらえ、記録漏れも防ぐことができます。

とにかく、手間を省いて且つ基準をしっかり満たすことが大切です。
さとかじさんがなさっている「一覧表に各分数や合計をのせる」のでも基準は満たしているから大丈夫かと思いますよ。
 

/34