teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名 ※管理者の承認後に掲載されます。
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


リハビリ型デイサービスのOT

 投稿者:のん  投稿日:2015年 3月10日(火)17時24分30秒
返信・引用
  4月からリハビリ型デイサービスで働くことになりました。

今までは認知症治療病棟、重度認知症患者デイケアで働いておりました。

先日面接に行った際に、4月からは認知症加算も取るように申請すると話がありました。
デイサービスの仕組みがイマイチわからず、加算をとるからなんなんだろう?と思ってしまいました。

認知症加算をとるということは、OTとしてどういう働きをしなければいけないのでしょうか?

また、リハビリ型デイサービスでのOTの役割、仕事内容などわかりましたら教えてください。

調べてみたのですが、うまく見つけられませんでした。
 
 

Re: 認知症治療病棟 生活機能訓練の記録について

 投稿者:けいた  投稿日:2015年 1月28日(水)12時44分50秒
返信・引用
  たかりんさんへのお返事です。

たかりんさん本当にいつもありがとうございます!!

今の病院では集団で二時間、ADL訓練で二時間の合計四時間とっています。
集団での個別性を示すのはなかなか難しそうですね。

診療録の記録については今、教えていただいた情報を元に診療録ではなく、別紙で示す方法も含め、また考えて見ます!!

本当にありがとうございました!!
 

Re: 認知症治療病棟 生活機能訓練の記録について

 投稿者:たかりん  投稿日:2015年 1月27日(火)10時10分37秒
返信・引用
  > No.298[元記事へ]

けいたさんへのお返事です。

監査(適時調査でしょうかね)お疲れ様です。
生活機能回復訓練については、なかなか難しいですね。

> 患者さんの援助、ケアの個別性がわかるような記録をするようにと言われました。

これは施設ごとのやり方によると思いますが、集団活動だけを午前午後で2時間ずつ行っていると、「ケアの個別性」としては示しにくいですね。
ADL訓練を入れていれば、多少なりとも個別性がでるように思いますが・・・。

> また、記録は訓練の内容ごとの要点の記載をすることとなっていますが訓練一つ一つに要点の記載が必要なのでしょうか?

他の施設での指摘をみると、それぞれに記載が必要といわれているようですね。
(この掲示板の2012年2月24日~25日のあたりを参照)
こちらの場合、ADL訓練をメインにした場合、個別性は出せますが、一つ一つの記録は大変ですね。
ちなみに、当院はADLがメインになっていますが、要点はまとめて記載しています。(指摘されることを覚悟の上ですが・・・)

以下は愚痴なりますが・・・。
そもそも生活機能回復訓練を4時間5日という基準が無茶。
どのようなことを想定してこの基準を作ったのかがわからないため、厚生局ごと(あるいは担当者ごと?)に集団訓練を勧めてADL訓練は認めないとか、逆にADL訓練をメインにする様にいわれたりと、指導がバラバラ。
この生活機能回復訓練が施設基準に入っているために、これを実施していないと人員基準を満たしていないと同様に入院基本料を返還させられる可能性があるのに、内容自体が曖昧という怖さ。
認知症患者が多くなることが予測され、2018年頃の診療報酬改定ではもう少し内容を見直されることを切望します。
 

認知症治療病棟 生活機能訓練の記録について

 投稿者:けいた  投稿日:2015年 1月27日(火)07時55分11秒
返信・引用
  認知症治療病棟の生活機能訓練の記録についてお伺いしたいです。
監査で指摘されたのですが生活機能訓練の記録で患者さんの援助、ケアの個別性がわかるような記録をするようにと言われました。
どのように診療録等に記録していけばいいでしょうか?

また、記録は訓練の内容ごとの要点の記載をすることとなっていますが訓練一つ一つに要点の記載が必要なのでしょうか?

大まかで伝わりにくいと思いますがよろしくお願いいたします。
 

Re: 回想法について

 投稿者:よゆなさ  投稿日:2015年 1月16日(金)20時12分4秒
返信・引用
  かずさんへのお返事です。

回想法についてのお返事、ありがとうございました。参考にさせて頂きます。
 

Re: 専従OTの業務について

 投稿者:ハチロウ  投稿日:2015年 1月10日(土)09時41分19秒
返信・引用
  > No.295[元記事へ]

たかりんさんへのお返事です。

たかりんさん、いつもありがとうございます。
施設基準を今一度熟読したいと思います。
 

Re: 専従OTの業務について

 投稿者:たかりん  投稿日:2015年 1月 9日(金)18時35分22秒
返信・引用
  > No.294[元記事へ]

ハチロウさんへのお返事です。

前提が「専従」ですから、常勤の場合兼務はできません。
非常勤であれば、認知症治療病棟に勤務する以外の日であれば兼務が可能かと思われます。

(例として、週5日が常勤の施設)
1,常勤専従のOTは、5日間ずっと病棟で働きます
2,非常勤専従のOTは、3日間は病棟、2日間は精神科作業療法、という勤務が可能です。

2の場合がわかりにくいかもしれませんね。
一人のOTRからすると、その施設では常勤として採用されていますが、認知症治療病棟という施設基準には非常勤専従として、精神科作業療法の施設基準でも非常勤専従として登録することが可能と言うことです。

補足ですが、前の方の質問にありましたが、認知症治療病棟の施設基準は「専従のOTRがいる」とありますので、週7日、毎日OTRがいなければならないと解釈できます。
それが、「常勤・非常勤が明示されていないから常勤1名いればよい」と都合良く解釈しているのは危険だと言うことは意識しておいて下さい。
デイケアなどで、OTRが病気で休んで欠員になった場合は、700点×50人でせいぜい35万円ですが、認知症治療病棟だと1760点×50人で88万円です。
そして、病棟の場合で週5日だけOTRを配置していたものを「欠員」と判断された場合には毎月約800万円、それを最大2年間遡って返還となったら約2億円にもなります!

病棟の施設基準を満たさないと言うことは非常にリスクが高いのです。
これは人員基準だけでなく、生活機能回復訓練も当てはまります。
生活機能回復訓練をすることが施設基準なのですから、これを実施していなければ欠員と同じ事です。

施設基準はしっかりと読み込んでおくことが大切ですよ。
 

専従OTの業務について

 投稿者:ハチロウ  投稿日:2015年 1月 9日(金)17時04分1秒
返信・引用
  認知症治療病棟専従OTは、他の病棟で業務をおこなった場合、他の病棟で診療報酬を請求することはできますか?  

Re: 重度認知症患者デイ・ケア専従について

 投稿者:けいた  投稿日:2015年 1月 9日(金)12時41分21秒
返信・引用
  たかりんさんへのお返事です。

お忙しい中、返信いただきありがとうございます!!
たかりんさんに教えていただいたことを加味して、
監査に望みたいと思います。
また、何かありましたらよろしくお願いいたします。
ありがとうございました!!
 

Re: 重度認知症患者デイ・ケア専従について

 投稿者:たかりん  投稿日:2015年 1月 9日(金)08時47分26秒
返信・引用
  > No.291[元記事へ]

けいたさんへのお返事です。

そうですね、施設基準にある人員は、日々いなければなりません。
ですから、作業療法士が不在の場合は必ず代替の作業療法士が入っていなければ請求することはできなくなります。

誤って(認識不足で)請求してしまった場合は、返還対象になると思われます。
まあ、過ぎてしまったことは返還を覚悟をして、変な工作は絶対にするべきではありません。
過ちなら、その日の分だけの返還ですみますが、改ざんになると大きなペナルティを科せられますので。

認知症治療病棟の場合は「専従する作業療法士」となっています。
文面通りに厳密に判断すると「毎日」必要となりますが、現状では「常勤の作業療法士が1名」でもよさそうです。
厳密に運用すると、専従する作業療法士が常勤換算で1.4名(週休2日の施設の場合)は必要になりますし、常に代替の作業療法士を準備しておく必要が出てきます。
(このあたりはあまり深追いしたくないですね (^^;) )

ともかく、適時調査ならば「教えてもらう」スタンスで望むのがよいと思います。
 

/27