投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. ルイヴィトン財布コピー(0)
  2. ブランド偽物ブランド激安(0)
  3. ブランド偽物(0)
  4. ※VUITTON-ルイヴィトンN級最高等級時計大量入荷(0)
スレッド一覧(全4)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


Re: 煙?ガス?

 投稿者:タンゴ  投稿日:2015年 9月19日(土)23時44分37秒
返信・引用
  > No.762[元記事へ]

エルーさん

参考になる情報ありがとうございます。

カーボンのメーカーも色々あるのですね。
まだ、在庫があるので、無くなったら、第一カーボンも試してみたいと思います。

タンゴ
 

煙?ガス?

 投稿者:エルー  投稿日:2015年 9月18日(金)22時36分43秒
返信・引用
  タンゴさん

古いコウケントー・・・お仲間ですね
古くても問題なく使えるところが、コウケントーのいいところです


コウケントーのカーボンは、煙?もしくは臭いのあるガスが出るようです
私も最初の頃は気になり、空気清浄機を使ったり換気をしたりしてました
しばらくすると、慣れて気にならなくなりましたが。

ただ、身体に害があるという話は聞きません
もしそうだとすると大問題になってしまうので、メーカーもその辺は気をつけていると思います

臭いが気になるという話は、時々聞きます
私は使ったことはありませんが、第一カーボンの製品を使うと煙?が少ないようですので
我慢できないようならそちらを試してみると良いかもしれません

 

発塵?発ガス?

 投稿者:タンゴ  投稿日:2015年 9月16日(水)23時39分21秒
返信・引用
  はじめまして。

先月から自宅でコウケントーを使い始めました。腰痛、仕事柄、眼や頭に疲労がたまりやすいので、この辺の治療目的で使っています。代々木にある治療院にいって、どのカーボンを使って、どこに照射するのかも教えてもらいました。

使っていると、確かに調子がいいので、もっと使用したいのですが、使用後に胸の奥というか気管支の奥とでもいうのでしょうか、違和感を感じてしばらく残るので週1,2回という感じにしています。

使用すると、気管支や肺に悪影響が出る程、発塵したり、何か変なガス(オゾン?)が出るものなのでしょうか。

使用する場合、窓は空けて、換気は十分にしていますし、少々神経質かもしれませんが、自作でダクトとUSBファンを組み合わせた排気管を作って頂部に取り付けてます。

なお、使用しているコウケントーはかなり古いタイプの中古ですが、問題なく使えてます。

タンゴ




 

Re: ようやく判明・・・

 投稿者:サンカーボン  投稿日:2015年 9月 3日(木)09時16分10秒
返信・引用
  エルーさんへのお返事です。

たくさん調べていただいたんですね。ありがとうございます。

ネジ、難しいですね。
とくに年忌のいった器具となると、、、
JISも規格が変わるんですね。
それでもまだ使える、この治療器ってスゴい!

本体に手を突っ込んで指で簡単にまわせるネジとなると、ネジの頭が大きくてギザギザがないと難しいんですね。

> 何度もすみません
>
> ようやくネジの正体が判明しました
> 旧JIS規格のネジでした
>
> 旧M4:ピッチ0.6
> 旧M5:ピッチ0.75
>
> これは1964年以前の規格だそうで、つまりこのネジを使用しているコウケントーは1964年以前に製造されたもののようです
>
> 幸い、このネジは現在でも取り扱いがあり、大きなホームセンターで入手できました(下の写真)
> ネットでも入手可能です
>
> ちなみに、M3.5も購入しましたが、入りませんでした・・・
> ネジが少し太かったようです
>
> いろいろと情報が錯綜して申し訳ないです
> 古い機材をご使用の方は、JIS規格のものが使えない場合は、旧JIS規格のものを調べてみるといいかもしれません
>
>
 

ようやく判明・・・

 投稿者:エルー  投稿日:2015年 9月 1日(火)21時34分4秒
返信・引用
  何度もすみません

ようやくネジの正体が判明しました
旧JIS規格のネジでした

旧M4:ピッチ0.6
旧M5:ピッチ0.75

これは1964年以前の規格だそうで、つまりこのネジを使用しているコウケントーは1964年以前に製造されたもののようです

幸い、このネジは現在でも取り扱いがあり、大きなホームセンターで入手できました(下の写真)
ネットでも入手可能です

ちなみに、M3.5も購入しましたが、入りませんでした・・・
ネジが少し太かったようです

いろいろと情報が錯綜して申し訳ないです
古い機材をご使用の方は、JIS規格のものが使えない場合は、旧JIS規格のものを調べてみるといいかもしれません

 

ホルダーのネジ

 投稿者:エルー  投稿日:2015年 8月31日(月)22時07分37秒
返信・引用
  ヘルシーレイのカーボンホルダーについても調べてみました
写真の左側がヘルシーレイ、右側がコウケントーです
(コウケントーのほうは少し磨きましたが、表面が凸凹なのでこんな具合です)

ヘルシーレイのネジは

カーボン留めネジ:φ3.8×10、ピッチ0.7
本体止めネジ  :φ3.9×10、ピッチ0.7

で、どちらもM4とわかりました
こちらのほうは市販品で代用できます

私の所有しているものは、どちらも古いものなので、現在の寸法はわかりません
メーカーや機種によって寸法が異なることはありえると思います

それと、M3.5とM4.5の入手についてですが、
M3.5のほうはインターネットサイトで入手できるようです
しかし、M4.5は全く見つかりませんでした

ネジだけを交換したい場合は、一部の機種は難しいかもしれません

タッピングしなおすという手もあります
例えば、M3.5ならM4のネジ穴を作り直すという方法です
タップアンドダイスという工具を使います
ただし、これでネジ穴を変えると元に戻せません
 

ネジについて

 投稿者:エルー  投稿日:2015年 8月30日(日)18時32分11秒
返信・引用
  サンカーボンさん

連続投稿ですみません・・・

ネジの件ですが、どうもピッチが違っているようですね
M3とM4のネジを入れてみたところ、入りませんでした

ピッチも一緒に測ってみたところ・・・

カーボン留めネジ: φ2.9 ピッチ0.6 長さ(軸のみ)4.0
本体留めネジ:   φ3.8 ピッチ0.75  長さ(軸のみ)9.5
(単位はいずれもmm)

で、JIS規格のネジはというと・・・
M3 : φ2.459 ピッチ0.5
M3.5: φ2.85 ピッチ0.6
M4 : φ3.242 ピッチ0.7
M4.5: φ3.688 ピッチ0.75

つまり・・・使われているネジはM3.5とM4.5のようです
ホームセンターで入手するのは難しいかもしれません
ネットでは手に入るようですが・・・送料を考えると高くつきそうです・・・
 

お返事

 投稿者:エルー  投稿日:2015年 8月30日(日)01時31分4秒
返信・引用
  takuさん

どういたしまして。
情報としてはあまり正しくなかったのかもしれませんが、無いよりマシということで御勘弁を。

光線療法が良い影響を与えてくれるといいですね。




サンカーボンさん

おや、それは大変!!!
やけどだけでなく、危うく大火事になるところでしたね

私も時々、火の粉がカーボンから飛ばないか心配になることがあります
周囲に燃えやすいものは置かない方が良さそうですね

ネジは、ホームセンターで買える物なので変形したら買い換えた方がいいですヨ
ノギスもしくはものさしで、ネジの直径○mmと長さを測って同じものを買えばいいです
おそらくほとんどがJIS規格なので、M○と表記のあるモノで大丈夫です
(インチ系のものはサイズもピッチも異なるので、互換性はないです)
 

Re: カーボンホルダー

 投稿者:サンカーボン  投稿日:2015年 8月29日(土)07時01分4秒
返信・引用
  エルーさんへのお返事です。

ネジ、大切ですからね!
以前1度、短くなった熱いカーボンがコロンと落ちてきて!たいへんな事になったんです。ネジが変形して、止まってるハズのカーボンがきちんと止まってなくて、、、

やけどするは、寝具や畳が燃えるは、で。。。

 

Re: おそらくですが・・・

 投稿者:taku  投稿日:2015年 8月28日(金)23時06分17秒
返信・引用
  > No.749[元記事へ]

エルーさんへのお返事です。
エルーさん
Res遅れましたが、アドバイス大変参考になりました。
今後、いろいろと、試してみようと思います。
ありがとうございました。  では。


> takuさん
> こんばんわ。
> 私もあまり詳しくないのですが、カーボンの直径が同じなら使えると思います。
> ただ、メーカーにより出力等の違いがあり、望む効果が得られるかどうかは保証の限りではありません。
> 例えば、コーケントーの光線治療器の消費電力は300wほどですが、フォトピーは調べたところ700wでした。
> ですので、①の条件ですとおそらくは出力不足で望む成果は得られない可能性が高いです。
>
> 同じ出力の光線治療器とカーボンであれば、カーボンのサイズさえ同じであれば使えると思いますが、基本的にメーカーが推奨しない限り、他社のカーボン使用は自己責任になると思います。
>
> ②、③のご質問に関しては私は詳しくないのでわかりません。
>
 

カーボンホルダー

 投稿者:エルー  投稿日:2015年 8月27日(木)20時43分11秒
返信・引用
  サンカーボンさん

ネジがダメでしたか・・・やはりそううまくはいかないものですね
でも、多少の工夫で何とかなりそうな気もします

二つ問題があると思うのですが
①カーボンのネジの寸法が異なる
②ホルダーのネジの寸法が異なる

①は、コウケントーのものをそのまま使えば大丈夫と思います

②は、台座のネジ径のものを使う必要があるので、サンカーボンのネジを流用することになりますね
サンカーボンのネジがコウケントーのホルダーの穴より大きい場合には、ホルダーの穴の方を大きくするため、ドリルもしくはボール盤で穴を開けるか、丸型のやすりで根気よく穴を広げる必要があります
コウケントーのホルダーは素材が真鍮だと思うので、加工しやすいと思います

蝶ネジを使うとのことですが、蝶の部分が他の金属部分に当たらないでしょうか?
ぶつかるとそこから電気が流れる危険があるので、事前にクリアランスを確認してくださいね
大きなホームセンターでは、ローレットのネジも扱っていると思うので、そちらならぶつかる危険性は低いです


ちなみに写真は、私のコウケントーのホルダーです
古いもので使い込まれているので、色が黒いです
ノギスで測定したところ、カーボン固定のネジがM3(写真の文字、間違えてます)、本体固定のものがM4のネジのようです
現在市販されているものは、ネジの寸法が違うようで、両方ともM4のようです


 

Re: カーボンホルダー

 投稿者:サンカーボン  投稿日:2015年 8月27日(木)12時06分50秒
返信・引用
  エルーさんへのお返事です。

> サンカーボンさん
> (ちょっと前の質問ですが)
>
> カーボンホルダーの件ですが、コウケントーのカーボンホルダーが使えないでしょうか?
> ヤフオクに出品されているサンカーボンの写真をいくつか見てみましたが、
> コウケントーのものと似ていますね。
> 基本的な形状が同じなら流用できるのでは?と思います。
>
> 問題は寸法ですが、サンカーボンとコウケントーのカーボンの寸法は同じらしいので、カーボンを取り付ける部分は問題ないと思います。
> あとは本体にホルダーを取り付けるビスの寸法ですが、同じでなくても多少の加工で何とかなりそうな気がしますね。
> 金属用のヤスリで穴を削るなりすればいいと思います。
>
> 最悪の場合には、現物を持っていって、鉄工所のような金属加工をする所に同じものを作ってもらうという手もあると思いますが、金額はそれなりにかかってしまうと思われます。
>
> お役に立てればいいのですが、あくまで推察ということで。
エルーさん、ありがとうございます。
カーボンは、どこのでも合うのでひょっとして?、とコウケントーのホルダーを取り寄せたのですが、カーボンを止めるネジとホルダーを取り付けるネジが全く違ってダメでした汗

なので、ホルダーそのままで蝶ネジをホームセンターで買って使ってます!
 

カーボンホルダー

 投稿者:エルー  投稿日:2015年 8月27日(木)01時38分49秒
返信・引用
  サンカーボンさん
(ちょっと前の質問ですが)

カーボンホルダーの件ですが、コウケントーのカーボンホルダーが使えないでしょうか?
ヤフオクに出品されているサンカーボンの写真をいくつか見てみましたが、
コウケントーのものと似ていますね。
基本的な形状が同じなら流用できるのでは?と思います。

問題は寸法ですが、サンカーボンとコウケントーのカーボンの寸法は同じらしいので、カーボンを取り付ける部分は問題ないと思います。
あとは本体にホルダーを取り付けるビスの寸法ですが、同じでなくても多少の加工で何とかなりそうな気がしますね。
金属用のヤスリで穴を削るなりすればいいと思います。

最悪の場合には、現物を持っていって、鉄工所のような金属加工をする所に同じものを作ってもらうという手もあると思いますが、金額はそれなりにかかってしまうと思われます。

お役に立てればいいのですが、あくまで推察ということで。
 

おそらくですが・・・

 投稿者:エルー  投稿日:2015年 8月27日(木)00時36分56秒
返信・引用
  takuさん

こんばんわ。
私もあまり詳しくないのですが、カーボンの直径が同じなら使えると思います。
ただ、メーカーにより出力等の違いがあり、望む効果が得られるかどうかは保証の限りではありません。
例えば、コーケントーの光線治療器の消費電力は300wほどですが、フォトピーは調べたところ700wでした。
ですので、①の条件ですとおそらくは出力不足で望む成果は得られない可能性が高いです。

同じ出力の光線治療器とカーボンであれば、カーボンのサイズさえ同じであれば使えると思いますが、基本的にメーカーが推奨しない限り、他社のカーボン使用は自己責任になると思います。

②、③のご質問に関しては私は詳しくないのでわかりません。
 

パーキンソン病治療

 投稿者:taku  投稿日:2015年 8月26日(水)02時16分53秒
返信・引用
  はじめまして。takuと申します。
パーキンソン病の治療に光線療法が効果ありとのことで、情報を収集しております。
それで、皆さんに、、大変厚かましいのですが、
私のような初心者に、基本的なことを教えて頂けたらと思い、質問させて頂きます。

①コウケントー光線治療器に他社のカーボンは使用できるのでしょうか?
(パーキンソン病治療に付き、黒田カーボンは現在研究中とのこと。よって、
ネット上に実績のあるフォトピーカーボンをコウケントーで使用したいのですが?)

②コウケントーでは番手の違うカーボンを合わせてアーク光を照射する治療が一般的ですが、
他社カーボンでは同一番手同士で、単一発光色での照射治療もされるのでしょうか?

③パーキンソン病の治療について、コウケントーを使った治療に、どなたか、熟知された方
お力をお貸しいただけるとありがたいのですが。よろしくお願いいたします。
 

お気楽

 投稿者:エルー  投稿日:2015年 8月16日(日)00時26分13秒
返信・引用
  膠原病13年さん

難しく考えすぎですね~

この世には勉強が得意な人もいれば不得意な人もいる
だから、得意な人は勉強すればいいし、そうでない人は気楽にやればいいのでは?

楽観的な姿勢は、病気にも良い影響を与えるはず・・・
ならばもっと気楽に、コミュニケーションを楽しみましょうよ♪
 

紫外線Bについて

 投稿者:たんぽぽ鍼灸指圧接骨院  投稿日:2015年 8月15日(土)00時42分34秒
返信・引用
  初めて投稿させていただきます。私は名古屋で
コウケントー光線治療専門院をしています、くさかべと申します。

コウケントーカーボンに関しては十分な知識を持ち合わせている
つもりです。

今回、紫外線B領域に関してですが、コウケントーカーボンでも
紫外線Bは出ています。皆様も御存じかと思いますが、3000
番でもBは少し出ますし、より効果を求められるなら4000番
がいいですね。

それ以外では、高価になりますが、4006番や4007番も
紫外線Bを出してくれますよ。コウケントーは、可視総合光線
ですので、基本的にどのカーボンでも紫外線Bは含まれますが、
その強、弱はあります。

今年も光線研究所へ行ってきましたが、その時内部資料を見さ
せていただきました。外部機関に依頼をしてすべてのカーボンの
波長を定期的に検査しているんですね。知りませんでした(+_+)

照射する際は、まず赤外線を多く含んだ3001番あたりから
体を光線照射に慣らして、少しずつ3000番を足裏部や膝部
や膝裏部などの下半身からされるといいと思います。

お腹側は、肌が弱いので集光器を使用して短い時間(5~10分)
から始められるといいと思います。

膠原病13年様、大変ご無沙汰しております。いつもブログ
を拝見し、勉強させて頂いております。これからもよろしく
お願いいたします。


 

勉強会

 投稿者:nasaさん  投稿日:2015年 8月12日(水)13時40分32秒
返信・引用
  闇雲に、悪戯に書き込んでるわけではありません

可視光線効果による効果で癌は治る事はありません

赤外線で体温を上げて血流を浴する点は悪い事ではありませんが

紫外線Aを長期間浴びると紫外線B領域で効果を得て

癌の成長を止める医学的根拠ある、体内ビタミンD前駆物質濃度が

低下してしまう事実があるのです

この論文は和訳されておりません。おそらく私が初めて国内で

和訳してブログに投稿しました。


ビタミンD前駆物質濃度が高いと初めて癌は成長を止めて

膠原病や難病も軽快していきます


幾らカーボンを良くしても

温度が3000度では無いと紫外線B領域で、ビタミンD前駆物質濃度を

作る紫外線領域は出てないと思われます


知識は気が付ける、気が付いた、理解出来る

理解した連続です


その成長を止めると間違いとは言いませんが

中途半端な知識でしかならず

中途半端でも改善する人だけが恩恵を受けて

私のように難しい病気になると恩恵を頂けなくなるのです


それを自分も恩恵を頂けるのだと勘違いをしてる

患者さんの為にも

また、正しいと思い込んで人助けのために書き込んでる

間違えてるアドバイスにも

方向転換と成長が必要なのです。



私の過去のブロイグに記事が掲載されてます


興味がある人は自分で勉強して下さい


患者の人は私のブログを見て助かる人は間違いなく


この掲示板よりは助かる確率が飛躍的に上がると思います


まだまだ私も死ぬまで勉強をしていきます


膠原病13年で検索して下さい


私の知識で宜しければ教えます
 

ルークさんへ

 投稿者:ジョー  投稿日:2015年 8月 2日(日)14時56分1秒
返信・引用
  コメントとご紹介ありがとうございます、そちらのお店からは毎月情報誌をいただいておりました。  

Re:カーボン

 投稿者:ルーク  投稿日:2015年 8月 1日(土)17時52分36秒
返信・引用 編集済
  ジョーさんへ
私もフォトピーの光線器を3台使って45分程毎日朝に使用してます。サンライト枚方のオンラインショップでまとめ買いして安く買ってます。交渉してみたらどうでしょうか?安くしてくれると思います。
 

カーボン

 投稿者:ジョー  投稿日:2015年 8月 1日(土)12時53分41秒
返信・引用
  3年前位前からフォトピーの光線治療器4台~5台で毎日朝昼晩と2回~3回を30分掛けています。もうカーボンを300箱以上買いましたが一箱4000円位ですから出費も大変です。
どうにか安く買える方法はないのでしょうか。
命には替えられませんから頑張ってやっていますが結構大変です。
癌が脊椎の骨と肋骨に転移していますが、光線のお蔭で8年目に入っても元気で過ごせています。
 

Re: 消耗部品

 投稿者:nasa  投稿日:2015年 7月28日(火)22時05分51秒
返信・引用
  > No.736[元記事へ]

サンカーボンさんへのお返事です。

> サン医療の光線治療器 サン・カーボンを使っています。もう、生産されていない機種ですので、カーボンのホルダーを何かで、まかなえないか教えていただけませんか?

メーカーがまだ存続している事 前提で書きますが…
生産終了でも一般的には部品は4~9年位は保管する様なので、問い合わせてみてはいかがでしょう?
後継機種があるなら、部品は同じ規格の可能性もありますし…。

質問の回答になっていなくて、失礼しました。
どうぞ、お大事になさってくださいね。
 

Re: 勉強会

 投稿者:サンカーボン  投稿日:2015年 7月25日(土)10時37分17秒
返信・引用
  nasaさんへのお返事です。
ありがとうございます!
1000?5000で絞って細い光であてています。コレなら、大丈夫でした!
 

消耗部品

 投稿者:サンカーボン  投稿日:2015年 7月25日(土)10時33分54秒
返信・引用
  サン医療の光線治療器 サン・カーボンを使っています。もう、生産されていない機種ですので、カーボンのホルダーを何かで、まかなえないか教えていただけませんか?  

Re:勉強会

 投稿者:nasa  投稿日:2015年 7月23日(木)22時27分35秒
返信・引用 編集済
  ハンドルネームが統一されてないので、内容から どうしても。さんと同じ方と判断して書き込んでおりますが…

どうしても。さんがご自分で時間をかけて相当お調べになった上での書き込みであろう事は充分伝わっています。
あとは各々が自分で勉強して納得されてくださいと言う事なのでしょうけれど…

私たち患者も自分の病気について何も勉強していないわけではありませんよ。
その上で私は(おそらくサンカーボンさんも)初めて耳にした内容なのです。
サンカーボンさんは手術を目前とされた状況であると少し前にコメントされていました。
ご自分でじっくり調べる時間を今は持つのが難しいとお察しして、どうしても。さんが患者の側に立つ者であるならば…「 馬の耳に念仏」と感じてしまうような内容ではなく もっと親切に納得出来るような仕方で説明していただけないものでしょうか…?

コウケントーでは癌用のカーボンは5000x1000又は4008x1000で、赤外線中心のカーボンですから…“どうしても。さんの説” によれば 害は無いと思われますが…

ちなみに私は甲状腺線腫で(良性の腫瘍) 1000x5000を半年継続中で、右側は1/2の大きさ左側は1/3にまで縮小しています。(癌とは異なる為 参考にならないかもですが…)
 

Re: 勉強会

 投稿者:サンカーボン  投稿日:2015年 7月23日(木)19時09分17秒
返信・引用
  どうすれば、本当に正しいと言える事を教えていただけるのですか?
藁をもつかむ
馬の耳に念仏
そんな心境なんですが、、、


みなさんへさんへのお返事です。

> 知らない人へ知らない事を伝える、伝わる、教える、教わるという事は
>
> 大変問題がある事です。
>
> 私は患者の味方です、なので患者の為に真実を伝えました。
>
>
>
> 3000度出る機種でなければ
>
> 紫外線B領域が出ません
>
>
> 全ての光線療法で抗癌作用があるのもビタミンD前駆物質濃度だと
>
> 証明出来てるので
>
> それを根拠に引き合いを出せば
>
> 紫外線A領域しか出ない機種は、癌には向いてない機種です
>
>
> また、アトピーも同様に先進国で次々と紫外線B領域の
>
> 315~320付近を照射して軒並み効果を出してます
>
>
> 紫外線A領域しか出せない機種は可視光線と赤外線の効果しかなく
>
> 必要な光線ですが癌とかアトピーには効果が無いのです
>
> 皮膚のリウマチという膠原病の病態ですら紫外線Bを照射すると治る人が居ます
>
>
> この事実を勉強もしないで
>
> 理解せず、どんな機種でもと伝える勉強をしてない治療家の意見に
>
> 惑わされてはなりません。
>
>
> また、機械の性能は日々進化せねばなりません
>
> 何十年と同じ事しか出来ず進歩しない、勉強をしないで
>
> 紫外線Aだけを浴びせて癌も治るような言い方は”間違いです”
>
>
> 私は物事を伝えるのが下手です
>
> 私は自分自身で研究をして勉強するタイプであり
>
> 人から教わる学問は身につきません
>
>
> 例え偉人でも間違いが多く、その間違いに気が付いてしまうからです
>
>
> 貴方たちの質問、疑問は
>
> 単純に理解力が無く理解してないから分からないなのです
>
>
> なので、それを知りたい場合は
>
> 勉強をして来た人へ物事を聞く態度ではなく
>
> 横暴にも無知なのに対して、人へアドバイスをして
>
> 癌や難病患者へ間違えてる知恵を提供してきた事へ
>
> まずは、受け止めるだけの謙虚さが無くなくてはなりません。
>
>
> これは科学的に先進国の研究論文と合わせていけば
>
> 証明できる段階ですが
>
> 問題はそれら難しい事を理解出来る知恵があるかどうか、謙虚さがあるかどうかです
>
>
> 後は人間性の問題です
>
>
> 私は、間違いを指摘しただけであり
>
> 今後、デタラメなアドバイスが横行しないように
>
> 真実を伝えたいのです
>
>
> 私は余命宣告を受けた患者でした
>
> 当然数年前にアドバイスも此処で貰いましたが
>
> アドバイスは間違えており
>
> デタラメで治りませんでした。私の独学と研究で治したのですが
>
> その間違えたアドバイスを聞いて
>
> 私のように答えが見つける事が出来れば良いのですが
>
> 大半は見つけられません
>
>
> そういう見つけられない人へ
>
> 見つからないからと、いい気になり勉強をせず
>
> 過去から聞いてきたアドバイスをただ、受け流して伝えるのは
>
> もういい加減やめて欲しいのです
>
>
> 治らない人が可哀想だから書いたのです
>
>
> 私は患者の味方なので患者には教えます
>
>
>
>
>
 

勉強会

 投稿者:みなさんへ  投稿日:2015年 7月23日(木)15時36分30秒
返信・引用
  知らない人へ知らない事を伝える、伝わる、教える、教わるという事は

大変問題がある事です。

私は患者の味方です、なので患者の為に真実を伝えました。



3000度出る機種でなければ

紫外線B領域が出ません


全ての光線療法で抗癌作用があるのもビタミンD前駆物質濃度だと

証明出来てるので

それを根拠に引き合いを出せば

紫外線A領域しか出ない機種は、癌には向いてない機種です


また、アトピーも同様に先進国で次々と紫外線B領域の

315~320付近を照射して軒並み効果を出してます


紫外線A領域しか出せない機種は可視光線と赤外線の効果しかなく

必要な光線ですが癌とかアトピーには効果が無いのです

皮膚のリウマチという膠原病の病態ですら紫外線Bを照射すると治る人が居ます


この事実を勉強もしないで

理解せず、どんな機種でもと伝える勉強をしてない治療家の意見に

惑わされてはなりません。


また、機械の性能は日々進化せねばなりません

何十年と同じ事しか出来ず進歩しない、勉強をしないで

紫外線Aだけを浴びせて癌も治るような言い方は”間違いです”


私は物事を伝えるのが下手です

私は自分自身で研究をして勉強するタイプであり

人から教わる学問は身につきません


例え偉人でも間違いが多く、その間違いに気が付いてしまうからです


貴方たちの質問、疑問は

単純に理解力が無く理解してないから分からないなのです


なので、それを知りたい場合は

勉強をして来た人へ物事を聞く態度ではなく

横暴にも無知なのに対して、人へアドバイスをして

癌や難病患者へ間違えてる知恵を提供してきた事へ

まずは、受け止めるだけの謙虚さが無くなくてはなりません。


これは科学的に先進国の研究論文と合わせていけば

証明できる段階ですが

問題はそれら難しい事を理解出来る知恵があるかどうか、謙虚さがあるかどうかです


後は人間性の問題です


私は、間違いを指摘しただけであり

今後、デタラメなアドバイスが横行しないように

真実を伝えたいのです


私は余命宣告を受けた患者でした

当然数年前にアドバイスも此処で貰いましたが

アドバイスは間違えており

デタラメで治りませんでした。私の独学と研究で治したのですが

その間違えたアドバイスを聞いて

私のように答えが見つける事が出来れば良いのですが

大半は見つけられません


そういう見つけられない人へ

見つからないからと、いい気になり勉強をせず

過去から聞いてきたアドバイスをただ、受け流して伝えるのは

もういい加減やめて欲しいのです


治らない人が可哀想だから書いたのです


私は患者の味方なので患者には教えます




 

疑問です

 投稿者:エルー  投稿日:2015年 7月23日(木)00時23分0秒
返信・引用
  どうしても。さん

>光線治療器どれも同じではありません
>並列と直列では、中心温度が違います

これ、間違ってませんか?
中心温度が異なる理由は主にパワーの差だと思います
コウケントー等の一般的な光学治療器は300W程度ですが、サナモアは600~720Wのようです
つまり、2倍ほどのパワーの差があるので、中心温度は異なって当然です
おそらく1000Wのバリブルなら、もっと中心温度が高いと思いますよ

コウケントーの場合、たまに中心以外のところでアーク放電が起こることがあり、その時には光が弱くなることはあるようです
この場合には、確かに中心温度が低くなると思いますが。

それと、
紫外線Bを出す出さないは、パワーの差というよりも設計思想の違いだと思います
それがいいのかどうなのかは医学的な問題ですが、さすがに専門家ではないのでわかりません
が、ビタミンDを作る紫外線Bが、一方で皮膚炎などのトラブルの原因にもなることを考えると、一概に「良い」とはいえない気がします
 

どうしても。さんへ

 投稿者:nasa  投稿日:2015年 7月21日(火)14時11分15秒
返信・引用 編集済
  どうしても。さんのコメントへの疑問です。

はじめまして。
最初コメントを読んだ印象は、サナモア社さんのステマなのかな?と思ってしまいました。(ゴメンナサイ)
それでサナモア社ホームページを読みましたが…ステマではない事がわかり、どうしても。さんが本心から「患者の味方」の側からコメントされた事が伝わって来ました。

しかしながらコメントを読む限りでは、「事実、真実」と言われても そうである事を証明する信頼の置ける論文等の添付が何もない為に説得力に欠ける…というのが正直な感想です。
「私自身の体を使い証明しています」と書かれていても、ネット上の私たちにどうしてその事がわかるのでしょう…?
少なくても、こちらのコメントの内容だけでは何も証明されていないと思いました。

私を含めこちらの掲示板を利用する方々の中には、病院巡りをし様々な治療を経てそれでも改善されずワラをもつかむ想いで光線療法に頼らざるを得ない状況の方もいらっしゃると思います。
どうしても。さんのコメントを読む限りでは、いたずらに動揺させられ不安に陥れられてしまう様に感じるのではないかなって思います。
どうしても。さんの動機が良いものであるにもかかわらず、私個人はそう感じています。

それと、どうしても。さんの主張は全てのカーボンの事でしょうか。それとも紫外線のカーボンだけでしょうか。
日常的に日光浴をしていれば、コウケントーを使用しても問題無いという事でしょうか。

問題提起されたのであれば責任を持って、こちらの掲示板を利用する全ての方が納得出来るような詳しい説明と根拠となる 証拠等の提出をお願い出来ますでしょうか。
 

伝えなければなりません

 投稿者:どうしても。  投稿日:2015年 7月19日(日)12時50分22秒
返信・引用
  申し訳御座いませんm(__)m

やはり私は患者の味方でありたいのです

多分この掲示板の主さんも光線治療家の方も同じ意見です



なので、ここで新しい事実を認識して頂きたいのです


光線治療器は紫外線A領域を当てるとビタミンD前駆物質濃度が低下するのです


これは何を意味するのかといえば

光線治療器でがん患者さんが、癌が増殖したと過去ログにありますが

他の方は大多数がこれを”好転反応”と呼びます


しかし、それは大きな間違いであるのです


癌を抑制したり病気を治すのは可視光線よりも

遥かにビタミンD前駆物質濃度により顕著に病態が変わるのです


太陽を浴びてればまだ、紫外線を浴びるので

左程害はないでしょう


しかし、太陽を浴びてない場合は効果よりも害が出る事を

考慮しなければなりません


ビタミンD前駆物質濃度を高めて初めて癌は

抑制されることが証明されてるのです


膠原病も難病も全てビタミンD濃度が高いと軽症になるのです


太陽を浴びてない人が光線治療器を頼り

癌が増大した、体調が悪いとうのは

”好転反応”でない可能性も十分あるという事です


非常に残念ですが日本の光線治療家、医師は

私が話しても理解出来るだけの知恵をもつひとが居ませんでした。


勉強して新しい事実や論文が根拠ある状態で出てる以上

謙虚に、素直に認めていかねばなりません


光線治療器どれも同じではありません


並列と直列では、中心温度が違います


コウケントーでは、紫外線Aしかでず


最高温度3000度に到達するサナモアだけが


紫外線B領域を出すのでビタミンD前駆物質濃度が高まるのです


これは、私自身の体を使い証明してます


色々な意見があるでしょうけれど、


事実は真実は変わりません。どうか、過去の間違えてる意見や意識を


患者さんも先生側も変えるべきです


どうか、本当に良い知恵で皆様が救われますように。


 

/27